2017年8月18日 (金)

オオサカのオカン

長雨が続く今年の夏ですが、皆様 いかがお過ごしでしょうか?

アメニティの八島雪隠(ヤジマセッチン)です。

 

先日ネットに気になる記事が掲載されていました。大阪のオカンのSAでの内容です。

 

西日本の高速道路では手洗い付き小便器が5年前にお目見えして、その評判は上々のようです。まだ改善する余地はあるものの、メリットが沢山あります。

 

そんな中で、SAでのトイレの混雑はお盆の帰省客で大変だったようですね。

女性トイレは長い列が出来、順番待ちをしている女性で溢れていました。

そこへ大阪のオカンらしき人が、堂々と男子トイレに入って来て、用を足していました。

女性用トイレが少ないせいか、止むを得ない感じはしますが、男性にとっては異常に感じますね。

 

そこで一つの提案ですが、所謂多機能トイレを、発展的に増設したらと考えます。

従来の多機能形と異なり、身障者だけではなく、LGBT(性的少数者)の人や、オカンが使用出来うる、男女兼用形のトイレ室が多く出来れば混雑の緩和に繋がるかも知れませんね。

勿論、小児用トイレや、ベビーベッド、オストメイト、出来れば授乳室の設置も望ましいかもしれません。

 

既に、小規模ですが、飲食店で男女兼用トイレは存在していますし、運用面ではお客が優先順位を決めて利用しているので、問題ないようです。

 

お節介なジジ。

| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

トイレ診断士どこでも行きますよ!!

こんにちは。漏利 止芽也(モリ トメヤ)です。

今週は西へ東へと飛び回っております・・・若干お疲れ気味ですが
暑さに負けず、筋トレ・壁上りをしております。
週初めは米子にて、小便器壁埋め込みセンサーの交換工事。出だし写真を撮り忘れる(笑)
この壁埋め込みセンサーは製品自体修理不能の為、壁を壊して作り直しが必要ですが
既存のユニットを利用しつつ、復活させるユニットを弊社でも発売したため、応援取付です。

昨日は埼玉和光駅前のトイレで、節水型自動水栓せせらぎと風の森造(洗面取付型の手指乾燥機)を取付。
Simg0294
Simg0293
洗面個別で手指を乾燥できるので、洗面周辺が水浸しになりませんよ!
勿論、床面もです。とっても便利なのです。

そして、本日は小便器高圧洗浄作業で大阪
Sdscn8112
見えない排水管内をキレイに洗浄!!
明日からは静岡。さぁ今日も元気に飛び回りますよ~

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

トイレットペーパー、上から取るか、下から取るか

こんにちは。Monsieur無垢智(ムッシュムクチ)です。
トイレでひと時の休息中、突如鳴り響くサイレン。
「銀座3丁目にてトイレの花子さんが出現。ゴーストバスターズ、直ちに出動せよ」
大変だ、すぐにお尻を拭いて出かけなければ、とトイレットペーパーに手を掛けるも、ない、紙の端が見つからない。
アッ、なんだ、紙が逆向きに掛けてあるじゃないか、誰だよ補充したのは!
というような経験がある方も多いのではないでしょうか。ところが日本では一般的に逆とされるペーパーの掛け方、外国ではそちらが正しい向きとする向きがあるといいます。アメリカではこの上向き派(表向き)と下向き派(裏向き)による論争が長い間繰り広げられてきたそうです。ネットで検索してみると面白い記事がたくさんあります。wikiペディアがおすすめです。
とはいえ蓋つきのホルダーが多い日本では、やっぱり上向きの方が取りやすいです。補充するときには注意しましょう。

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

サーモスタットシャワーの修理対応しました。

おはようございます。於丸です。

お客様 の要望でサーモスタットシャワー湯量不足の修理をしました。S1

修理前の写真です。
S2
修理後の写真です
S_2
ストレイナーの錆び汚れが原因でした。
S_3
ストレーナ部品取替で解決しました。

| | コメント (3)

2017年8月14日 (月)

情緒って大事

こんにちは
杉乃葉巴子(すぎのはともこ)です。
公共の場所での注意喚起の
貼り紙について、面白い物や工夫を凝らした物、
よくありますよね。
「〇〇やめてください」「〇〇してください」
という言い方では無く
「〇〇して頂いてありがとうございます」
という表現が主流になって来ました。
私の訪問するお客様のトイレにも
「いつも綺麗に使って頂いてありがとうございます」
という言い方の貼り紙をよく見かけます。
男性小便器に多いのが
「一歩前へ」
「もう一歩前へ」
と、とにかく垂れこぼさないようにと
管理者の願いが貼られています。
そんな中、こんな貼り紙も見かけました。
Img_0620_5
なんとも情緒ある表現ですね。

言葉に情緒を持たせる心の余裕と
表現豊かな語彙力ある大人でありたいと思います。

| | コメント (0)

お盆休みの皆様へ

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。

日本は今、お盆休みの真っ只中。

故郷へ帰省される方、観光地やテーマパークなどへ向かわれ
る方、中には、混雑するこの時期は休まずに働かれる方、あ
るいは、どこにも出かかけずにお家でゆっくり過ごされる方
と様々でしょう。

高速道路は渋滞、公共の交通機関は満席。その上にこの暑さ。
皆さん先を急いでいますし、お子さんの世話なども重なって
イライラする機会も多いことかと思いますが、是非日本のき
れいなトイレでひと呼吸おきましょう。

Obontoilet

その際にお願いなのですが、混雑するお休みの期間中、トイ
レをきれいに保ってくださっている方々がおられます。利用
される一人ひとりがトイレをきれいに使っていただくことで、
メンテナンスをする方も助かりますし、何よりトイレがいつ
もきれいに使えるので、時間に追われる中、ほっと一息つく
ことができるでしょう。

この期間中だけではなく、いつもそのように使っていただけ
ると、みんなに優しいトイレが出来上がるのではないでしょ
うか。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

サニタリーボックスの置き場所

안녕하세요(アンニョンハセヨ)?
菜華西青椿媛(なかにしせっちんひめ)ですhappy01

2013年3月にサニタリーボックスの位置について、
以下の投稿をしました。
   downwardleft  downwardleft  downwardleft 
http://www.toireshindan.com/2013/03/post-209b.html#search_word=
サニタリ


最近その同じトイレの、そのサニタリーボックスの置き場所が若干移動しましたsign01
個室の後ろの隅ではなく、若干前寄りなのです。

Photo


最初、利用者が前の方に移動させたのかなと思ったのですが、
他の2つの個室のサニタリーボックスも同様で、若干前寄りに
置かれているのです。

やっぱり後ろでは使いにくいと、
清掃担当の方が前寄りに置いて下さったのでしょうか?
それにしてもなんだか中途半端な場所・・・coldsweats01

トイレ診断士、いや一般利用者としても
「前方隅に置いてくれた方が使いやすいのにな~」と
思うのですが、勝手に移動させるわけにもいかず・・・。
(前には置けるだけのスペースがあるのですが・・・)

Photo_2

 ここのトイレを利用するたびに、
いっそのこと前に移動させてしまいたいという衝動を
抑えつつ、
どうしたものか・・・と思いますtoilet 

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

おはようございます。
烏砂塗史(おすなまぶし/砂のトイレ)です。

今回は、会社の正面玄関にある(お隣の敷地の)
サルスベリを。

毎年きれいに咲いているのですが
今年はなぜか、とくに印象的でした。

台風で散るかなと心配していたのですが
まだ綺麗に咲いています。

お立ち寄りの際はぜひ。

20170804_140940_hdr
20170807_110217
20170807_110200

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

オムツを流した後

こんにちは、ホンナム照井です。

先日のKAWAYADO高貴さんのブログにありましたが、トイレにオムツを流してしまうと詳しい仕組みはここでは書きませんが、水分を吸収してオムツがパンパンに膨れ上がります。

トイレにオムツを流さないようにしましょう!といっても、間違って流してしまったりすることはどうしてもあることです。

今、このオムツ詰まりが発生すると、「大便器を外してオムツを取り出すという」のが主流です。

そこで新しい取出し方を発明しました。

まず、『水分を吸収するポリマー(ゲル?)的なものを水に変えてしまう物質』を発明します。

この物質を詰まったオムツに注入します。ポリマー(ゲル?)的なものが流れ出します。

オムツの紙部分を吊り上げます。これによって詰まりが解消します。

どなたか、『水分を吸収するポリマー(ゲル?)的なものを水に変えてしまう物質』の発明をお願いします。

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

逆止弁

こんにちは、桑名盆先知一馬(くわなぼんせんちのかずま)です。

先日、節水も兼ねて自宅のシャワーヘッドをストッパー付きのものに交換した際に、同僚のS根さんに注意されました。
そのままだと、水が逆流してしまうから危険だよと。
どういう事だろうと思い調べた所、このような内容でした。

シャワーの先端で水を止められる「一時止水」機能というものがある。
このストッパーがあれば,いちいち蛇口を回さなくていいので,
温度調節の手間が省けてとても楽だ。
しかし,この一時止水の機能を使う時に,水が逆流してしまう危険がある。
どうして逆流してしまうのだろうか?
お風呂の蛇口には,「お湯の管」と「水の管」がある。
このような蛇口のことを,混合水栓と呼ぶ。
そして,お湯を使うときには,お湯よりも水のほうが水圧(勢い)が強い。
なので,その状態でシャワーの先端をふさいでしまうと…
お湯の管の中に,水が逆流してしまう。
水とお湯の圧力に差があるせいで,
水の出口がふさがった時に,内部で逆流が起きてしまうのだ。
お風呂のシャワーを, ストップ機能付きシャワーヘッドに交換したい
そのようなシャワーヘッドの商品説明には,決まって「逆止弁がないものには使用できません」とあります。
シャワーの先で止水すると、水道(青)の水が湯水(赤)の方に逆流する恐れがある
なので,それを防止するために逆止弁をつける必要がある
逆流すると, ボイラーを壊したり, 沸かしたお湯を冷やしたりしますので逆止弁が必要

逆止弁とは逆流防止弁のこと
ぬる目のお湯を出したいときというのは、お湯側の蛇口の開きを少なくして、水側の蛇口の開きを多くします
そうすると、お湯側よりも水側の水圧のほうが強くなる
一時止水機能付きシャワーヘッドなどで出口をふさいでしまうと、水圧の弱いお湯側に水圧の強い水が逆流してしまう可能性が高い
そこで逆止弁がついていれば、その逆流を防ぐことができるというわけ
給湯器をつかってお湯を供給する仕組みの場合に,
このような逆流のトラブルがよく起こる。
基本的に、2ハンドル混合水栓には逆止弁は付いていません。
よって、(長時間)一時止水したままにした場合、水側の水勢が湯側を上回っていると、水側から湯側へ水が逆流し続けることがあります。
とくに(半)貯湯式給湯器を使用しているとよく起こる現象

シャワーヘッド交換の際には、お気をつけ下さいませませ。


| | コメント (0)

«子どものイタズラ防止に