« こんなナンバープレートありっすか? | トップページ | 韓国の石鹸 »

2009年4月 6日 (月)

沖縄のトイレについて

おはようございます。波自賀村です。

先週、ずっと沖縄でトイレの営業活動をしていました。

沖縄のお客様のトイレを確認して回ったのですが、「沖縄のトイレって、本州と違うな?」と強く思った事があります。

それは「水垢多いな!」って事です。
カルシウム系の汚れ付着が多いのです。

具体的な現象で書くと、
 ・多くの便器が白い水垢で汚れている。
 ・洗浄管などを外そうとしても、固まっていて外れない。
 ・自動センサーのセンサー窓が汚れ、反応が悪い。
という事が多かったのです。

本州は火成岩土壌で形成されていますが、沖縄は石灰岩層から形成されています。

沖縄は、島自体が石灰岩主体で出来ているという事です。

石灰岩の成分は80%が炭酸カルシウム(CaCO3)です。

カルシウム成分が、便器や洗浄金具に付着する為、「白い汚れ」となったり、「固くて金具が外れない」という現象になるんですね。

車で走っていても、沖縄の土の色は、本州と明らかに違います。
陸地を作っている構成物の違いが水質の違いに現れるんですね。

※ちなみに炭酸カルシウムは「尿石」と同じ成分です。
 だから沖縄のトイレは、全体的に、尿石固着が多いです。

ブログ村 人気ブログランキングへ ←クリックのご協力お願いします!  m(_ _)m

|

« こんなナンバープレートありっすか? | トップページ | 韓国の石鹸 »

波自賀村跳男」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっております。

地域によって便器の汚れも異なるんですね。
そうすると地域に合わせた営業方法も大元は一緒でも、
多少は違うんですかね?

“手法は100万通り”とよくウチの会社ではよく言いますけど、
営業はいろいろ変化があって、やはり面白いですね。

投稿: CS鈴木 | 2009年4月 7日 (火) 08時20分

CS鈴木さん、コメントありがとうございます。
“手法は100万通り”
名言ですね。メモしておきます。

投稿: 波自賀村 | 2009年4月 7日 (火) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄のトイレについて:

« こんなナンバープレートありっすか? | トップページ | 韓国の石鹸 »