« 完全自動洗浄式公衆トイレ | トップページ | 本日、放送されます!! »

2009年6月 4日 (木)

においを感じる仕組み!

こんにちわ。波自賀村です。

今日は、「人がにおいを感じる仕組み」について投稿します。

人間の鼻には、左右あわせて10円玉程度の大きさの嗅細胞というものがあります。この嗅細胞にニオイ分子が付着することによりニオイを感じますKyuukaunoshikumi

簡単に説明すると、次のようなことです。

①鼻の孔よりニオイ分子が入る。

②嗅細胞(嗅覚受容体)にニオイ分子が付着する。

③嗅細胞が興奮し、電気信号(インパルス)が起こる。

④インパルスが嗅神経を伝わり嗅球を通り大脳に伝わる。

⑤大脳の嗅覚域にて、ニオイの感覚が起こる。

これが人がにおいを感じる原理です。

これを逆に考えると、ニオイを抑える方法がわかります。

ニオイをさせない方法、それは「嗅細胞にニオイ分子を付けないということ」です。

消臭の大原則は、
1、ニオイの原因をつけない。(清掃を徹底する、尿石防止する)
2、ニオイを外に排出する。(換気する)
3、それでも駄目なら、ニオイ分子を変質させる(中和分解する)

ということです。

弊社では、森林浴消臭剤というフィトンチッド系消臭剤を扱っています。天然の樹液が持つ消臭効果でニオイを抑えます。資料を添付します。ご興味があれば、ぜひご覧ください。

「fiton.pdf」をダウンロード

|

« 完全自動洗浄式公衆トイレ | トップページ | 本日、放送されます!! »

波自賀村跳男」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: においを感じる仕組み!:

« 完全自動洗浄式公衆トイレ | トップページ | 本日、放送されます!! »