« 北陸通信 ~CS向上講習会にて~ | トップページ | トイレットペーパーの芯で作った顔! »

2009年8月16日 (日)

不快指数について!

こんにちわ。波自賀村です。

今日は、トイレの快適性を大きく左右する「温度」と「湿度」について投稿します。

トイレの快適性が上がったといっても、トイレの中に冷暖房が完備されている所はほとんどありません。だから、この時期、トイレに入ると、「ムァー」とした暑い空気に包まれ、汗だくで用を足すのが現状です。

冷房の有無が快適度の違いになることは、いうまでもありません。

では、単純に温度が高いだけで不快なのか? というと、そうではありません。

「温度」と「湿度」の関係性が問題になります。
いわゆる不快指数と呼ばれるものです。

温度をTd、湿度をHとすると、次の式で求められます。
0.81Td+0.01H(0.99Td-14.3)+46.3

この値が、65~70周辺にあると快適と言われます。

不快指数と体感の関係は、下記の通りです。

不快指数体感
~55 寒い
55~60 肌寒い
60~65 何も感じない
65~70 快い
70~75 暑くない
75~80 やや暑い
80~85 暑くて汗が出る
85~ 暑くてたまらない

結構、この不快指数は体感を上手くあらわしていると思います。
トイレ内快適度を測る1つの指標です。

せっかくなので、私が、あるお客様で1年間計測し続けた結果を記載します。
結構、上下しているのがわかります。

ぜひご参考にしてください。

Hukaisisuuhyou  1年間の数値を表でまとめました。

Hukaisisuugurahu  上の表をグラフにしました。

 

|

« 北陸通信 ~CS向上講習会にて~ | トップページ | トイレットペーパーの芯で作った顔! »

波自賀村跳男」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっております!
CSの鈴木です。

自分もトイレに入って不快に感じることがあります。
ですので、この一覧は参考になりました。

きっとお客様の所でも不快指数で困っている方は
いると思いますので、数字で表して、問題があった場合は
改善策を提案できるようになります。

投稿: CS鈴木 | 2009年8月17日 (月) 04時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不快指数について!:

« 北陸通信 ~CS向上講習会にて~ | トップページ | トイレットペーパーの芯で作った顔! »