« Mr.ビーンの動画! | トップページ | 北陸通信 ~トイレ日常清掃講習会にて~ »

2009年8月30日 (日)

オゾン発生器について!

こんばんわ。波自賀村です。

今日、ニュースを見ていたら、家庭用オゾン発生器の危険性についての記事を見つけました。

オゾンとは、Oのことです。

酸素原子3つからなる物質で、安定したOになろうとする為に、O原子を他の物質に付け、酸化させます。この酸化作用により、殺菌や脱臭ができます。

確かに、ニオイのある物質を、別の物質に化学変化させる為、効果がある方法です。

しかし、オゾンは、それ自体に毒性があり、人がいるところで使う場合には、注意が必要です。

日本の基準(日本産業衛生学会)では、0.1ppm以下、アメリカの基準(アメリカ合衆国食料医薬品局)では、0.05ppm以下というのが、人に害を与えない許容濃度であるとされています。

そのため業務用オゾン発生器には、健康被害を与えない濃度にする為に、センサーが付けられているのが一般的ですが、家庭用では必ずしもついていないようです。資料にある商品を調べたところ、30分の機械稼動により、最大1ppmの濃度まで上昇した商品があった事がわかりました。

1ppmといえば、確実に人体に影響が出る濃度です。

0.01ppm 嗅覚が敏感な人の嗅覚閾値
0.1ppm 正常者にとって不快(労働衛生的許容濃度)
0.2~0.5ppm 3~6時間暴露で視覚低下
0.5~1.0ppm 呼吸障害、酸素消費量減少
5~10ppm 呼吸困難、肺水腫
50ppm 1時間で生命の危険
1000ppm以上 数時間で死亡

オゾン発生器の肝は、濃度コントロールにあります。
それができなかった場合は、確実に、人に影響を及ぼします。

ちょっとこわい結果ですね。

|

« Mr.ビーンの動画! | トップページ | 北陸通信 ~トイレ日常清掃講習会にて~ »

波自賀村跳男」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっております!!

オゾンって今まで聞いたことはありましたが、そんな効果があったんですね。
自分はオゾン層ぐらいしか知りませんでした。
オゾンの使い方にも気をつけないといけませんね。

投稿: CS鈴木 | 2009年9月 3日 (木) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オゾン発生器について!:

« Mr.ビーンの動画! | トップページ | 北陸通信 ~トイレ日常清掃講習会にて~ »