« 韓国でトイレ管理士3級講習を実施しました! | トップページ | トイレのふたは閉めるもの?開けておくもの? »

2009年9月20日 (日)

韓国の民宿のトイレ

おはようございます。波自賀村です。

韓国のソウルの真ん中に、北村という土地があり、そこの民宿でトイレを見せてもらいました。

ここの民宿は、古き韓国の歴史を思わせるような建物でした。

R0020704 築120年の建物です。

R0020706 元々、韓国の役人が住んでいた所を民宿にしたそうです。

R0020713 ここがトイレの入り口です。

R0020714 流水音がしずかなサイホンボルテックス式でした。

韓国の人に聞くと、韓国の大便器は、一般家庭でもサイホンボルテック式が多いということです。日本では高級便器の代名詞になっている便器ですが、国が違えば、やはり形も違うんだなと思いました。

もう1つのトイレから出てきた女性が、バスタオルで顔を拭きながら出てきました。

よく見ると、韓国のトイレには、シャワーが付いています。

R0020718

トイレ+シャワー、一般家庭では、これが普通のようです。やはり国が違うとかわるものだなと思いました。

|

« 韓国でトイレ管理士3級講習を実施しました! | トップページ | トイレのふたは閉めるもの?開けておくもの? »

波自賀村跳男」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の民宿のトイレ:

« 韓国でトイレ管理士3級講習を実施しました! | トップページ | トイレのふたは閉めるもの?開けておくもの? »