« 『トイレ診断士の厠堂』ルポ | トップページ | 涙なしでは語れない? »

2010年6月17日 (木)

実物を発見!!

毎度お世話様でございます。臭気犬ジョン君こと鈴木雪隠です。ばう。
数日前の記事に、飼い主の動画がアップされていてビックリです。ばう。

 

 

先週、とある施設様で現場調査を行いました。
カタログでしか見たことの無かった、プッシュボタン小便器を発見!
P6111134_2

 

 

ホテルやショッピングセンターなどで、同デザインの自動機をよく見慣れているのではないでしょうか?
可愛いボタンに、少し和みました。TOTOさんのUJ300CV というものです。
時間に余裕の無い現場での出来事だったんで、こんなアングルですが・・・

 

 

以上、梅雨入りした途端、猛暑つづく横浜からでした

|

« 『トイレ診断士の厠堂』ルポ | トップページ | 涙なしでは語れない? »

鈴木雪隠」カテゴリの記事

コメント

twitterから、やってきました。突然のコメント失礼いたします(^_^;)ヾ

かわいらしいボタンで清潔感があると思いました。
会社のトイレもこんなだったら掃除が楽ちんなのに…

この手の便器って水が流れる部分が古くなると、縦じまに黄ばんできますよね?
それってどうにかならないのでしょうか?
お客様も使用するトイレなので、なんとかきれいにしたいのですが
どーも年代ものの汚れがこびりついて、取れないのです…

なにか手がありましたら、教えてください!

投稿: 桃太郎 | 2010年6月17日 (木) 15時37分

桃太郎様

診断士ブログにお越しいただき、また、コメントもありがとうございます。

『縦じまに黄ばんで・・・』という部分から、ここの汚れに気づく桃太郎さんの
トイレに対する姿勢がうかがえます。結構キレイ好きですね
便器は子供に話しかける目線で見ると、汚れやすいところがよく見えます。
多分、その格好で見てくれたんですね。きっと便器も喜んでますよ


さてさて、それは『水垢』の仕業ですね。水の中のカルシウム等が、便器表面に
付いてしまったものです。さらにその上に汚れが付いているかもしれません。
濡れて⇒乾いて⇒濡れて・・・の繰り返しで、洗浄水の流れる境目につきやすいです。
これは洗剤で『溶かす』のではなく、『こする』ことが必要になってきます。

あまり強く『こする』と、便器表面を傷つけてしまいます。ちょうど良い加減が必要なんです。
ホームセンター等で入手できるものとしては、
 ・メラミンスポンジ (『○○落ち君』みたいな名前の白いスポンジです)
 ・パッド  (住友スリーエム社など、掃除スポンジの硬い面のようなものです)
 ・ポリネットシート (紙やすりのもっと細かいようなものです。1000番位がいいです)
などがあります。けっこう地味ぃ~にこすって落とします。
先日のトイレクリーンマイスター研修でも、佐藤満晴さんにもこすってもらいました

コメント欄なので写真無しでスイマセン。そのうち、水垢現場の記事を書こうと思います。
また遊びに来てくださいばう。

投稿: 鈴木雪隠 | 2010年6月17日 (木) 19時57分

早速のお返事ありがとうございます!
やはり、便器のプロ!掃除方法がわかって嬉しくなりました!
掃除が大好きなのでテンションあがりましたよ

さっそく試してみたいと思います!

投稿: 桃太郎 | 2010年6月18日 (金) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『トイレ診断士の厠堂』ルポ | トップページ | 涙なしでは語れない? »