« 今月の「おはよう!スプーン」 | トップページ | 韓国旅行(その1)~アメニティコリア訪問 »

2012年1月12日 (木)

子供の吸収力って!

京都からスイッチon! Higashiyama100Sです。どうでもいいですけど今回から少しアップデートして100Sになってます(笑)

昨日は恒例の小学校のトイレのリピートメンテナンスに行って来ました。

いつものように小学生の相手になりながら作業をしているわけですが、

今回は「黒光り~」って連呼しながら走り去る1年生ぐらいの子が居ました。

そうです年末の「ダウンタウンの笑ってはいけない空港24時」ですよね。TVの影響はすごいです。

今までも他に芸人さんのギャグを全力でやる子も居ました。

本当に子供の吸収力ってすごいということです。

そこで思うのですが、もっと子供たちにトイレの大切さやトイレ診断士という職業が世の中にあるということをうまく伝えることはできないものかと...。

以前 アメニティも協力している学校トイレ.comに学校のトイレでネーミングライツができないかなぁということが書かれていたことを思い出しました。

「学校のトイレ」でネーミングライツは成るか? http://www.gakkoutoilet.com/cleaning_reform.html

限定された人しか使わない学校のトイレでははたして宣伝効果は???ということですが、子供の吸収力が半端なくすごいというのがよくわかっているだけに何とかなりそうな気もします。

例えばある学校のトイレ(一部だけでも)を「○○小学校 トイレ診断士の厠堂」っていう名前のトイレにして、地元のトイレ診断士たちが子供たちにトイレの大切さを教えたりするなんてどうでしょう。

地域貢献にもなるし、便育なんてことにもつながると思います。

もちろんアメニティのトイレ診断士というものもしっかり記憶に残ります。

この中から将来のトイレ診断士が誕生するかもしれません。

また、自分が大人になってどこかの施設の管理者になって「トイレで困った!そうだっ!アメニティのトイレ診断士に相談しよう!」なんてこともあるかもしれません。

 

子供たちは私たち大人の鏡です。

何でも大人がやっているように やってしまいます。

学校とトイレに深く関わっているものとして つくづく感じます。

便育とは http://www.gakkoutoilet.com/beniku.html

|

« 今月の「おはよう!スプーン」 | トップページ | 韓国旅行(その1)~アメニティコリア訪問 »

東山百雪隠」カテゴリの記事

コメント

バージョンアップおめでとうございます。
私もちょっとしてみました。

自分が小学生、特に高学年の頃を思い出してみると、
やっぱりトイレは行きたくない場所でした。
掃除も嫌だったし。それこそ、個室の上からバケツで水!みたいな
イタズラもあったりした気がします。

当時、ここまで自分たち子供に対して、一生懸命トイレを考えてくれる
大人って居たのかな?って考えてしまいます。
居たのに気付けなかったのか・・・いや、多分居なかったのでしょう。

大人になり、ご縁があってトイレ診断士になることができた訳ですから。
私も何かしら、子供たちに便育していきます。

投稿: 鈴木雪隠Ver1.2.1 | 2012年1月12日 (木) 22時34分

大人が一生懸命な姿を見せれば、子供も一生懸命になるでしょう。
たくさんの学校に出入りし、子供達に接していると先生や周りの大人がどんな人かよくわかります。
次の世代を担う子供たちにしっかりと引き継ぐのも大人の使命だと思います。
私たちのトイレ診断士にできることを友に顔晴りましょう!
「誰のせいでもないさ 人は皆 鏡だから 勇気を出して虹を描こう♩」 虹♩ -ゆず-

投稿: Higashiyama100S | 2012年1月13日 (金) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の「おはよう!スプーン」 | トップページ | 韓国旅行(その1)~アメニティコリア訪問 »