« 竜馬がゆく | トップページ | 韓国旅行2012(その2)~ソウル街歩き【前編】 »

2012年11月20日 (火)

無題

こんにちは。烏砂塗史(おすなまぶし)です。

「奥の細道」とでもタイトルをぶちあげようかと

思いましたが、無題で。

週末に、仙台と岩手に行ってまいりました。

 

仙台駅近くで牛タンを食べた後、松島の五大堂と

瑞巌寺へ。瑞巌寺は津波の影響で、400年以上

樹齢を誇る杉たちが枯れ始めたそうです。

 

あるていど伐採が行われたものの、影響はまだ

残っているそうで、今回訪れた際も、

新たに枯れ始めた杉の伐採が行われていました。

 

その後、石巻市を訪問。道路から湧き出す海水や、

津波と火災の爪跡を残す門脇小学校の校舎、

骨組みの残ったコンビニの跡などを

近くで拝見しました。

 

横浜に戻ってからですが、潮のにおいを

強く感じながら見渡した場所を、

インターネットの地図で見てみました。

 

残された建物の線画や、

リンクした様々な写真がさらに衝撃的でした。

 

実に大勢の方たちが、そこで暮らしていて、

1年半たった今もまだ・・・ということを

思い知らされました。

 

 

翌日は、世界遺産に登録された奥州平泉を

めぐりました。色鮮やかな中尊寺の紅葉や、

厳美渓などを見て回りました。

 

いろいろと印象に残るものや、出会いが

あったのですが、「トイレ診断士のブログ」

なので、この写真を。

 

毛越寺の駐車場のトイレです。

20121117_121722_2


ピクトサインにも雰囲気作り

の工夫が。

20121117_121651_3


20121117_121707

|

« 竜馬がゆく | トップページ | 韓国旅行2012(その2)~ソウル街歩き【前編】 »

烏砂塗史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竜馬がゆく | トップページ | 韓国旅行2012(その2)~ソウル街歩き【前編】 »