« 2014年の年頭にあたって | トップページ | 一年の計 »

2014年1月 2日 (木)

トイレで世界を救う

新年あけましておめでとうございます。
波自賀村です。

昨年12月の話ですが、羽沢小学校3年生の子ども達から「トイレのない国の子ども達の為に寄付したい。どこに寄付したら良いかわからないのでアメニティから活用してくれる先に渡してほしい。」というお話しを頂きました。

これは、2013年7月2日の会社見学 で知り合った子ども達が、この会社見学をきっかけに、世界のトイレ事情を調べ、「世界人口の36%、25億人がトイレを使えない状況にあること」、「安全な水やトイレがないため、毎日約1600人の子供達の命が失われていること」などを知ったからでした。

昨年12月11日、彼らが調べあげた世界のトイレ事情の発表を、私はじめ当社社員8名で聞きにいきました。

クラス一丸となり、調べ上げ、誠実に、真剣に発表する姿に、思わず目頭が熱くなりました。

私は、「トイレは人間最後の砦」だと思っています。

毎日、さりげなく使っていますが、きれいなトイレが使える事、自分で用をたせる事、実はとっても幸せなことなんだと思います。

私達アメニティの仕事は、「世の中から汚いトイレをなくし、快適なトイレを創造すること」です。日々の仕事の延長線に、「世界を救う技術」があります。

子ども達の想いを届けるとともに、我々プロの大人が世界に出来る事、考え、微力ながら実践していきたいと思います。

今年一年、どうかよろしくお願いします。

Baikinkun

|

« 2014年の年頭にあたって | トップページ | 一年の計 »

波自賀村跳男」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年の年頭にあたって | トップページ | 一年の計 »