« 沖縄ならでは?(卒業式) | トップページ | 君の名は »

2016年3月29日 (火)

北陸通信 ~ 夢と感動をありがとう ~

【原文のまま書き起こし】

みなさま・・・、

本日はこのような引退試合をしていただき

本当にありがとうございます。

思えば昭和59年、髙木時夫スカウトに導かれて

中日ドラゴンズに

ドラフト5位として入団させていただきました。

最初の4年間は

プロの厚い壁に本当に苦労しましたけれど、

5年目に、アメリカ・ベロビーチの方に留学させていただき

アイク生原さん、私の恩師に出会いました。

そこでみっちりと野球を教えていただき

日本に帰国後、やっと一人前のプロ野球選手になれたと思います。

その後もたくさん苦難がありました。

膝の手術をした時は、もう無理かなと思いましたが

鳥取ワールドウイングの小山先生の力によって

もう一度やり直すことが出来ました。

私の野球人生は

いつも苦しいときに、誰かが手を差し伸べてくれました。

歴代の監督・コーチ・球団スタッフ・裏方さん、

先輩方・後輩達、そして家族・友人達、

そして、

ファンのみなさまにいつも助けていただきました。

本当に幸せな野球人生だったと思います。

私は昨年で引退をしましたが、

また野球をしっかり勉強して

いつの日か、またユニホームを着て戻ってきたいと・・・(どとめき)

思っています。

またその時は

山本昌広、「山本昌」を・・・ (待ってるぞ~!の大歓声)

ご声援の方、よろしくお願い致します。

本当に、世界で一番幸せなプロ野球選手、・・・(感極まる)・・・でした!

本当に、32年間、ありがとうございました。 (延々と続く360°のマサコール・・・)

Photo_2

Photo_2

呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)、3月6日の誕生日に

神様からの贈り物。

ありがとうございました。

|

« 沖縄ならでは?(卒業式) | トップページ | 君の名は »

呂宋壺乃坂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄ならでは?(卒業式) | トップページ | 君の名は »