« 《見つけました》 | トップページ | »

2017年6月23日 (金)

トイレ清掃 効率的に(パブリック向け)

毎度お世話様です。臭気犬ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
6月も後半。先日は台風のような激しい雨が降ったり、今日は今日で真夏のような暑さ…体調管理にはくれぐれも気を付けて行きたいところです。

 

さて。改めてトイレ清掃について、ネットサーフィンをしてみました。
本当に便利な世の中になりまして。あっという間に多くの清掃ノウハウを見る事が出来ますね。どちらのサイトも非常に分かりやすく、コツとか順番・道具など、とても勉強になりますね。便器のイラストも多く出てますので、弊社のサイトも是非に。

 

【清掃によるメリット】-【作業の手間】=費用対効果みたいな感覚で、考えてみるのもどうでしょう?飲食店なり商業施設なり、本来業務の準備時間や営業時間中に行う事ですから。少しでも短時間に効率よく進める必要がありますね。
特に、営業時間中の巡回について見てみると…

 

汚れの種類も色々。こんな区分けをしてみます。
 A:見つけやすい+不衛生や臭気を伴う汚れ(例:便座にアレが!床に尿が!!)
 B:見つけやすい+不衛生や臭気をあまり伴わない汚れ(例:床に空き缶ゴミ)
 C:見つけにくい+不衛生や臭気を伴う汚れ(例:便器裏面の尿石)
 D:見つけにくい+不衛生や臭気をあまり伴わない汚れ(例:タンクの中にカビ)

 

次に、清掃作業の種類を考えてみます。
 1:拾う、移動する
 2:拭き取る
 3:洗剤とブラシ類でこする
 4:磨く

 

優先度で考えれば、汚れはABCDの順で片付ける必要があり、
掛かる手間で考えれば、12といった若い数字で済めばそれだけ楽チンな訳です。

 

要は、短時間で効率よく巡回・清掃を済ますためには、ABを12で!な訳です。
色々と現場を回らせて頂く中で、『トイレ清掃は心の修行だ!』的に、時間を掛けてCDを34していたり、特に汚れていないAを一生懸命に34していたりと。100万分の1mmレベルしか凹凸無いんですから、時間かけすぎです。

 

『広く視界に入るもの』…床、カウンター面、便座表面など
『本来輝いているもの』…蛇口、鏡、レバーなど
営業中の巡回・清掃時には、このあたりがポイントになるかと。
蛇口周りの水溜まり、便器近くの水溜まり、鏡の水跳ね…そのひと拭きは、効果があって賢い作業なんです。常に心掛けたいものですね。Photo

 

 

|

« 《見つけました》 | トップページ | »

鈴木雪隠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 《見つけました》 | トップページ | »