« 和式大便器から洋式大便器にリモデルの流れです。 | トップページ | 和式ブースの臭い予防策!! »

2018年7月10日 (火)

固い便が詰まった場合、また詰まらせないために

こんにちは。Monsieur無垢智(ムッシュムクチ)です。

トイレのことならなんでもやるトイレ診断士は、
大便器の詰まり対応も、ご連絡いただいたらすぐに駆け付けます。

大きく分けて大便器の詰まりは、「多めの紙と便が詰まっている」場合と、
「異物が引っかかっている」場合の2通りで、
紙と便の場合、放っておけば溶けて流れるようになることもあるのですが、
最近、「固くなった便が便器のトラップに詰まった」という現場に、
2件遭遇しました。

1件はローポンプという道具で外から圧で引っ張り上げて除去、
もう1件は、便器を外して反対側からほじくりださなければならないという難工事となりました。

調べてみたところ、便が固くなる原因は、便器の水で冷やされることにあるようです。
こちらのブログ記事が科学的に解説されていて、勉強になりました。

「便(うんこ)がトイレに詰まり、3時間以内で柔らかくした方法って?」

つまり、便が固くなって詰まるのは、
便を流す水量が足りなく、トラップ内にとどまってしまうことにあると考えられます。

また、固くなった便を柔らかくするために、便器内をお湯で満たす、という方法もあるそうです。

一番いいのは、詰まらないように適切な水量で便を流せる状態にしておくことです。
予防型の思考で、常に快適なトイレ空間を目指しましょう。

余談ですが、固くなった便を除去する作業の時、
便の臭いが、とんでもなく濃厚でした…
これも化学的なところに理由があるかも!自由研究にいかがでしょう?

 

|

« 和式大便器から洋式大便器にリモデルの流れです。 | トップページ | 和式ブースの臭い予防策!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和式大便器から洋式大便器にリモデルの流れです。 | トップページ | 和式ブースの臭い予防策!! »