« 固い便が詰まった場合、また詰まらせないために | トップページ | 災害時の避難所トイレの運営について! »

2018年7月11日 (水)

和式ブースの臭い予防策!!

おはようございます。漏利止芽也(モリトメヤ)です。

今回は和式ブースの臭気について、どうやったら予防できるか考えていきたいと思います。
しゃがんだ時に臭いを感じる・・・そんな経験はないでしょうか?

和式便器の場合、構造上どうしても使用すると床面に尿跳ねがおきてしまいます。
なので、使えば使うほど汚れの蓄積に繋がります。
床面タイルや目地に浸み込んだ尿は、水洗いだけでは不十分な状態になります。
乾式のモップ拭きであれば、なおさら臭気発生につながります。

代表的な改善方法としては以下の通り。

1:尿のたれ溢し洗浄の消臭液を使った日常清掃。
  アメニティでは「HARU」という、魔法の消臭液があります。
  日々の日常清掃や点検時に噴霧して頂く方法。

2:床面・目地にガラスコーティングを施工。
  一度、洗浄した後にガラスの被膜を床面・目地に密着させて、しみ込んだ臭いを
  閉じ込めます。その後は浸み込みが発生しないので臭気発生を予防します。
  ※車のボディにコーティングすると汚れが付きにくく、落としやすいのと一緒です。

最近では和式から洋式へリモデルするケースが増えていますが、不特定多数の
利用者が使用する場合、和式便器を好まれる方も多くいます。

夏場はニオイが感じやすくなりため、一度、和式トイレの状態を確認してみては
如何でしょうか?

施工前
Dscn9041


施工後
Dscn9071    

|

« 固い便が詰まった場合、また詰まらせないために | トップページ | 災害時の避難所トイレの運営について! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 固い便が詰まった場合、また詰まらせないために | トップページ | 災害時の避難所トイレの運営について! »