« 勉強不足 | トップページ | 鎌倉大仏の体内 »

2018年8月15日 (水)

平成30年8月15日(水)

おはようございます。
烏砂塗史(おすなまぶし:砂のトイレ)です。


さて、さすがに今の時期は使わないと思いますが
皆さん「暖房便座」「保温便座」は利用される
ことがあると思います。


そういえば「冷房便座」は無いのかなと思い
ネットを調べてみましたが、便座の保温機能が切れているのを
揶揄して表現するくらいしか見当たりませんでした。


心臓に悪そうというのはわかりますが
トイレで「暑いなぁ」という思いをしている方も
少なくないのではと思います。


公共のトイレでは空調が利いていることが
多いですが、住宅ではなかなかそうも
いかないですよね。


現在は生産が終了していますが
以前はパナソニックさんで縦に細長い
「トイレ専用冷房エアコン」https://panasonic.jp/aircon/p-db/CK-WC1.html
などという商品もあったようです。


当社でもトイレの温度と湿度を計測して
不快指数や印象を報告することもあります。


トイレが「蒸し暑いなぁ」と感じる時期には
扇風機や団扇で温度を下げるだけでなく


・換気扇は常に回しておく
・なるべく冷たい空気が取り込まれるようにしておく
・炭や除湿剤を使う、など

日頃から除湿になりそうな方法も組み合わせて
おくと良いかもしれませんね。

|

« 勉強不足 | トップページ | 鎌倉大仏の体内 »

烏砂塗史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強不足 | トップページ | 鎌倉大仏の体内 »