« トイレ診断士試験、お疲れ様でした | トップページ | 大便器脱着 »

2018年9月24日 (月)

危ない、小便器の手すり

こんにちは。Lisa Papier(リサ・パピエ)です。

今回は、利用者様にも、設備管理者様にもご注意頂きたい、
小便器の手すりで時々見かける不具合の事例をご紹介します。

このようなタイプの小便器の手すり。一見、何の問題もないように見えますが、、、
Img0980


両側の固定ビスの欠損により、このように
Img0979
簡単に外れてしまうのです。危ないですね、、、

設備点検時、掴んだ際に手すりのぐらつきを感じたら、固定ビスを確認しましょう。
緩んでいるだけなら増し締めを、欠損しているのであれば再取り付けを行い、
事故防止に努めてまいりましょう。
なお、利用者の方々は、上に持ち上げない
限り外れることはありませんが、
安全のため、ぐらつきを感じたらなるべくこの部分は掴まないようにしましょう。

|

« トイレ診断士試験、お疲れ様でした | トップページ | 大便器脱着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレ診断士試験、お疲れ様でした | トップページ | 大便器脱着 »