« 報告書作成漬け3ヶ月 | トップページ | 秋の風物詩 »

2018年10月18日 (木)

大便器の詰りについて

思案所一弘です。(しあんどころかずひろ)

ここのところ大便器の詰り対応が多発しました。
全てリモデルタイプの便器です。しかも悪質な事例です。
Img_0029
Img_0027
Img_0030
こちらは汚物を除去したら、紙コップが出てきました。
紙コップにより汚物とペーパーが塞き止められていたものです。
Img_0047
便器を外しとアジャスト管に水が溜まっている。
取り外してみると…
Img_0051
Img_0054  
こちらのお店ではこのパターンの詰りが多発。
同じ人物がわざと行っている可能性が。これはもはや犯罪のレベル。
作業をする私たちも気の毒でなりません。(何度も請求をしなくてはならないのです)
このようなことをする者には、トイレの神様が天罰を与えるでしょう。

|

« 報告書作成漬け3ヶ月 | トップページ | 秋の風物詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 報告書作成漬け3ヶ月 | トップページ | 秋の風物詩 »