« | トップページ | コンビニにあってよかったもの »

2019年3月16日 (土)

詰まりは奥にもあり

皆様こんにちは。KAWAYADO高貴(かわやどぅこうき)です。

 

今回も、もはや恒例?の大便器の詰まりに関してですが、少し事情が違う現場がありましたので、ご紹介します。

 

とある施設様にて、大便器の排水が悪い、とご相談をいただき確認。今回は2箇所です。両箇所とも、便器には異物は確認できず。

Img_0363

 

排水系統を内視鏡で確認。10mほどのところで水中に。

 

これは桝を確認しないと、ということになり、外にある桝を開けて確認しました。

Img_0366

 

すると、こんな状況に・・・

Img_0369

 

そもそも「汚水桝(おすいます)」というのは、排水系統の、主に合流地点に多く、点検や清掃、また今回のような詰まりの調査の際に、作業がしやすいように設けられています。

今回の場合、この桝に大量に異物が詰まってしまったため、同系統である2箇所の便器の流れが悪くなってしまった、という事です。

*今回の場合、桝自体が陥没してしまっているため、異物を抜き取ってもまたこのような状態になってしまうことが判明。そうなると、桝自体を修理する必要があります。

こういった汚水桝は、定期的に点検をすることが大切です。皆様もお気を付け下さい。

|

« | トップページ | コンビニにあってよかったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | コンビニにあってよかったもの »