« お立ち | トップページ | 犬の公衆トイレ!(大分駅前) »

2019年5月11日 (土)

小便器の洗浄水量は適正に流しましょうねぇ~

おはようございます。漏利止芽也(モリトメヤ)です。

 

最近は節水型の便器が主流になり、各社いろいろな工夫をしております。

ただし、適正な水の量を流してあげないと、ニオイの問題や排水の問題が

出てしまいます。ただ、水を減らせば良いわけではありません。

 

今回は自動で流れる洗浄装置が古くなり、適正な水量を流すことが

出来なく、そのまま使い続けていたところです。

洗浄装置も廃盤となり、ユニットごと交換しないと復旧しない現場で

洗浄水量が少ない状態で、長く使われていたため、排水の問題も

発生しておりました。早期に発見修理していれば、少額で改善出来たことも

遅くなればなるほど、出費は多くなります・・・

 

人間と一緒ですね、早期発見!!

◎排水詰まりを薬品洗浄

Img_0181_1

 

 

 

 

 

 

 

 

◎古い洗浄装置

Img_2044_1

 

 

 

 

 

 

 

 

◎新しい洗浄装

Img_0183_1

|

« お立ち | トップページ | 犬の公衆トイレ!(大分駅前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お立ち | トップページ | 犬の公衆トイレ!(大分駅前) »