« 混合栓の水量不足の改善修理の件 | トップページ | 暑いときは、癒されて涼みましょうね~ »

2019年8月 5日 (月)

体育会系と和式トイレ

和式便器!愛すべき日本固有の便器ですが、
敵視されがちでもあります。
実際多くの人にとって使いづらいもので、
洋式便器への転換が待ち望まれているというのが現状です。


もちろん温存するべきという声もあります。
一般的なものは「肌が触れずに済むから衛生的」
という声ですが、
先日お客様から、意外な説を享受いただきました。
「和式便器、使いたいのは、
バレーボール部らしいですね」
???


「バレーボール、足腰を使うでしょう。
鍛えるために、和式でふんばれって。
先生から言われるらしいです。
それで、鍛えるためとか、
昔かたぎの、根性論なのかもしれないけど。
それで、和式便器がないときは、
洋式便座に、足でまたがって使う。
便座に足跡がついているのは、
あれはバレーボール部の仕業みたいですね」


目から鱗です。
もちろんすべてのバレーボール部員がそんなマナー違反をしているわけはないでしょうが、
体育会系部員が、
足腰を鍛えるために和式便器を使え!と指導されている、
というのはなんとなく想像もできます。
洋式便座になぜか足跡が残っている、
という現象はたしかにあって、


・使い方がわからなかったから
・直接すわりたくなかったから
などが原因かなと思っていたのですが、


・鍛えるため!
なんて考えてもみませんでした。
無理やり洋式にまたがっているとしたら言語道断ですが…
あえて使いづらい和式を選ぶ、という声は、
少しくみ取ってあげてもいいのでは?と思う
Monsieur無垢智(ムッシュムクチ)でした。

|

« 混合栓の水量不足の改善修理の件 | トップページ | 暑いときは、癒されて涼みましょうね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 混合栓の水量不足の改善修理の件 | トップページ | 暑いときは、癒されて涼みましょうね~ »