« 日本人の良い所 | トップページ | トイレのお椀 »

2019年9月14日 (土)

おしり周りの筋肉が使われていない

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。
朝晩は気温が下がり、多少なりとも秋らしくなってまいりま
したが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

先日、少し体調が良かったので、須香羅部Jr.を連れて川
遊びに行ってまいりました。
須香羅部が中学校1年生くらいまででしょうか、父に連れら
れBBQや魚釣りを楽しんだ川です。

オートバイに乗っていたころは、川沿いをよく走っていまし
たが、川辺に降りることはありませんでしたので、かれこれ
40年ぶりくらいとなります。

周辺には中学生当時にはなかった公衆トイレも整備され、野
球場や屋外プールもありました。
運動公園と銘打って、車を川辺の近くまで寄せることができ
るようになっているので、助かります。

須香羅部Jr.は、まだ幼いので、浮き輪に乗って上流から
一緒に5mほど流れては、戻りという感じなのですが、川の
中を上流に向かうのがなかなか大変で、水の抵抗ってこんな
にあったっけと思いましたが、体の表面積が増え、筋力は減
少傾向にありますので、仕方ないかと思いつつ・・・。

Ukiwa 

3、4回ほどの繰り返しで飽きてしまったのか、後は川岸で
おもちゃを使って砂利遊びとなり、助かりました。

水に逆らい、ゴロゴロ、ツルツルした石を踏みつけながらこ
けないように進むことが、体幹を含めいろいろな体の機能を
使ったのでしょう。翌日は、体が重く感じるとともに、おし
りの上のほうの筋肉が痛いのです。いわゆる筋肉痛ですね。

そんな体験で思い出したのが、巷で時々耳にする「和式トイ
レを残すの残さないの」の話題でした。

トイレは日に何度か必ずお世話になるし、改めての運動では
ないので、和式トイレで用を足すというのは、なかなかの筋
トレになりそうな。と。
そういえば、椅子ではなく、床に座る習慣も何か用をすると
きには、立つという行為を経て行うので、座る文化も知らな
いうちに筋トレになっていたのかなぁ~と、思う今日この頃
です。

診断士は、毎日のように腰をかがめたり、伸ばしたりと動き
回りながらの診断作業となるので、筋力も大切です。

行け行け!トイレ診断士たち。

|

« 日本人の良い所 | トップページ | トイレのお椀 »

松藻須香羅部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人の良い所 | トップページ | トイレのお椀 »