« トイレットペーパー、代用、新聞紙 | トップページ | 春の訪れをカフェで味わいました »

2020年3月10日 (火)

進化するもの。普遍的なもの。

こんにちは

杉乃葉巴子(すぎのはともこ)です。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響が様々な所に出ていますね。

ところで、およそ100年前に大流行した、スペイン風邪というものをご存知でしょうか?

発生はアメリカとの説が有力ですが、当時は第一次世界大戦の真っ只中。情報が戦局を左右する中、自国で新種のウィルス感染病が流行していることなど絶対に漏らすことが出来ません。

その感染情報を1918年頃に出したのが、当時の中立国スペインであった事から、スペイン風邪と呼ばれるようになりました。新型のインフルエンザウィルスでした。

驚くべきは、世界で感染者数が推定5億人、死者が推定5000万から1億人とも言われている事で、当時の世界人口が20億人弱であった事を考えると、今なら感染者15億人、死者3億人という大災害です。恐ろしいですね、、

当時の日本でも推定で約40万人が死亡しています。感染した人数ではなく、死亡した人数です。

当時の日本の人口が5500万人であった事を考えたら、現在で言うと死者100万人です。もう一度言いますが、感染者ではなく死者が、です。

被害拡大の原因の一つに戦争があります。情報統制により対策ができなかった事や、ウィルスに感染した兵隊達の国外侵攻による世界への拡散です。

また、これほど死者を出した原因に、医療従事者達が感染して大変な人数が亡くなり、医療体制が崩壊した事も挙げられます。

現代では医療従事者は、真っ先にワクチン摂取する事が責務となっていますね。最後まで倒れるわけにはいかないのですね。

100年の時を超え、文明も医学も進歩しましたが、人間の体がどれだけ進化したかどうかはさておき、毎年毎年インフルエンザが流行るわけですから、ウィルスも常に進化し続けているのですね。

さらに、日本でスペイン風邪の流行が終焉した3年後、1923年に関東大震災が起こり、10万人以上の方々が亡くなられています。

当時の人口から考えると、今の日本なら死者が30万人というところです。まさに首都崩壊です。

しかし、それでも日本は復興します。何度も何度も。凄まじいスピードで世界に追いつきます。

近しい記憶では阪神・淡路大震災や、東北地方の大震災、甚大な被害に見舞われた時、日本人の力に驚かされます。

苦しい時はお互い様、困った時は助け合おう、という思いやり。被災地の為に何か出来ることをしたい、被害に遭った人達に笑顔を取り戻してもらいたい、という思いやり。

思いやりは、強さの元。

ところが今回の新型コロナ騒動の中には、虚しさや哀しさを感じるニュースが多いような気がします。

今回の新型コロナウィルス感染も、1つの災害のような物だと思うのです。運悪く感染してしまい、病に苦しむ人達への思いやりは、忘れない人でありたいと思います。

そして、感染拡大を防ぐために、皆が心を一つに、出来ることを精一杯やっていけたらな、と思う今日この頃です。



|

« トイレットペーパー、代用、新聞紙 | トップページ | 春の訪れをカフェで味わいました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレットペーパー、代用、新聞紙 | トップページ | 春の訪れをカフェで味わいました »