« トイレ診断士達の夏 2020 | トップページ | 靴 »

2020年8月27日 (木)

無題

こんにちは

駒田野雪隠です。

入院して分かった『大便』のことを『お通じ』と表現する言葉ですが、

薬の広告としては使用されているのがわかりました。

トイレのことはわかっているつもりでしたが、奥が深いです。

『お通じありましたか?』使ってみてください。

コロナ騒動が収まるどころか拡大している現状の中、トイレが感染源にならない様

管理する必要があります。

手洗いの励行が言われることにより、石鹸(薬用石鹸)の設置が求められています。

又、水栓器具の自動化も進めてほしいです。

飛沫感染の予防の上から、エアータオル~の利用からペーパータオルの利用へと

かわってきています。

接触感染を避けるため、ドアノブ・水栓金具等触れるようなところの清掃は、

アルコールで拭き取り清掃を仕上げとしてはどうでしょうか。

(すでに実施していると思いますが)

コロナは『もらわない』『うつさない』

コロナの為『三密を避ける』『マスクを着用』『手洗いの励行』

実行しましょう。

|

« トイレ診断士達の夏 2020 | トップページ | 靴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレ診断士達の夏 2020 | トップページ | 靴 »