« シーサーもマスク着用です | トップページ | 修羅場中 »

2020年9月28日 (月)

東海通信 ~ 小銭ザーッ! ~

どこの店にも一人はいるのではないだろうか。

なぜかそこだけ人気なレジの人。

私がよく利用するスーパーマーケットにも、Fさんと言う女性店員がいる。

もしかしたら60代、ごく普通の方だ。

 

会計の際、常連と思しき客の多くは当たり前のように彼女を探す。

そしていなければ、仕方なく他のレジに並ぶ。私もその一人だ。

分析してみる。

1.感じがいい。

2.テキパキしている。

3.安心感がある。

決して過剰なサービスをしているわけではなく、おしゃべりも一切しない。

必要かつ十分な接客を、自然な笑みの中で、なめらかにサっと済ます、だけ。

 

そんな彼女、コロナ禍に独自の工夫を始めた。

釣銭を渡す際に、「受け取っていただけますか?」と断りを入れてから

トレーを傾けて小銭をザーッ!と客の手のひらに流し込むのだ。

これを、水をすくうように両手で受け取る。

札の場合も同じ。先ずは大きなお金を、と言って

トレーに少しはみ出させた状態(掴みやすいように)で渡し、

客側の準備が整ったところで・・・小銭ザーッ!だ。速い速い。

ありがちな、

硬貨をなかなか掴むことが出来なくて前が詰まってしまう光景は

彼女の列には、ない。

だからFさんの列は長いけれど、面白いように他のレジ待ち客を追い抜いていく。

 

一度、後ろに誰も並んでいない時を見計らって声を掛けた。

「この渡し方、文句言われたことはありませんか?」

ないと言う。

「店長さんは知っていますか?」「さあ、わかりません」

この間も彼女はずっと笑みをたたえている。

泰然自若なのである。

私は投げかけた愚問を言い訳するように

「密を作らない素晴らしい工夫だと思います」とだけ伝えて店を出た。

 

明日からもきっとFさんのレジに並ぶだろう。

多くの常連客と一緒に。

Photo_20200926122101

※写真はイメージです。

呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)

 

 

|

« シーサーもマスク着用です | トップページ | 修羅場中 »

呂宋壺乃坂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーサーもマスク着用です | トップページ | 修羅場中 »