« 半分巻きのトイレットペーパー | トップページ | ふと思った事・・・ »

2021年4月16日 (金)

新しい清掃様式?

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
新年度が始まり早くも4月半ばになりました。進級進学、社会人デビューなど、新しい生活に
まだまだ慣れずにご無理されてないでしょうか?元気一番、笑顔多めで過ごしていきたいですね。

さて。先日、お客様との打合せでトイレの日常清掃の話になりました。
街のトイレオアシス的なコンビニ業界。緊急時にはホントにお世話になっております…。
まだ不安は続きますが、色々分かってきた最近でも感染対策で未だにトイレが使えない店舗もございます。
どうしてでしょうね?という話をしていた時に、『従業員さんを守るため』という事を伺いました。

自宅のように、同じ生活様式のメンバーが使うトイレとは異なり、不特定多数のご利用がある。
大事なスタッフに、トイレ掃除を理由に退職されてしまうぐらいなら、使用を止めておこう。
そういう背景もあるそうです。

この話と、日頃の私たちの仕事、新しい生活様式などをミックスして考えてみると、
トイレの日常清掃にも、『新しい清掃様式』が求められていると感じます。
◆キープディスタンス
→汚れから距離を取って清掃作業をしたい。もちろん正解。
 柄の付いた道具も良いものがたくさん。ツールの工夫が出来る。
 こんな道具もあるんですよ!!便利。便器周りの床清掃に、キープディスタンスな清掃用具。

◆エビデンス
→ウィルスや悪い細菌たちなど、目に見えないものは数値や写真で明らかにして安心したい。
 業界全体で、ATP測定などの見える化が急速に進んでいる。

◆マスクやフェイスガード
→従来は素手or手袋が一般的でした。清掃前後のペーパー交換などは素手でした。
 従来の素手=『素手に薄手の手袋』が一般的になってきています。
 手袋自体も数種類使い分けが始まっていますね。

私どもも、従来は日常清掃マニュアルへのご意見を依頼される際、いかに仕上がり具合を上げるか?
という視点に立つことが多かったですが、上記の観点から、品質+安全(安心感)をも形にして
行かなければならないなと、新たな時代にご一緒できるんだなと、楽しみです。ばう。

|

« 半分巻きのトイレットペーパー | トップページ | ふと思った事・・・ »

鈴木雪隠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半分巻きのトイレットペーパー | トップページ | ふと思った事・・・ »