« 初めて見る花 | トップページ | ホーチミンの明るい明日を願って »

2021年7月28日 (水)

土用の丑の日

ここんにちは

杉乃葉巴子(すぎのはともこ)です。

本日7月28日は、土用の丑の日ですが、皆様うなぎなど召し上がりますか?

土用はもちろん土曜日ではありません。土用というのは立春・立夏・立秋・立冬の四立(しりゅう)前18日間の事を言い、年に4回あります。その期間中の丑の日を土用の丑の日と言います。

立秋の前の土用の丑の日が、鰻を頂く風習のある「夏の土用の丑の日」になります。

丑は旧暦の十二支の丑です。12日毎に巡るので、当然ですが土用の18日間の間に丑の日が2回ある事もあります。

土用の期間中は、土をつかさどる神様が支配するとか、土の中にいらっしゃると言われ、この期間は土を動かしてはいけないとされています。

土を動かすというのは、土いじり、草むしり、柱立て、基礎工事、壁塗り、井戸掘りなどを含む穴掘り、増改築などです。

では、夏の土用の丑の日に、鰻を食べるのはなぜ?

実は諸説あるのですが

古くは万葉集の中の大伴家持の歌で、夏痩せの友人にうなぎを食べるといいよ、と気遣う歌があり、1000年前から夏のスタミナ食材であった事が分かっています。

あえて夏の土用の丑の日に食べるようになったのは、実は売上不振に悩む鰻屋のために、平賀源内が宣伝したキャンペーンの効果だと言われています。

元々、丑の日には「う」のつく食べ物を食べるという風習があったので、鰻屋さんに「本日、土用の丑の日」と張り紙をしてキャンペーンを行ったところ、大盛況の大流行。

そもそも栄養価も高く夏バテにピッタリの食材でもあり、その風習が根付いた、という説があるのです。

平賀源内の企画力、素晴らしいですね。

美味しいうなぎで夏バテ退散!

ウィルスも退散して欲しいものです。



5b319f334c2f4e5bb926583e2609b992

|

« 初めて見る花 | トップページ | ホーチミンの明るい明日を願って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めて見る花 | トップページ | ホーチミンの明るい明日を願って »