« 大便器の排水ソケットが破損すると! | トップページ | 自分のしたもの見てますか? »

2021年11月 8日 (月)

温水洗浄便座「シーティア」の修理

おはようございます。

御手洗粗相(おてあらいそそう)です。

今回は、温水洗浄便座「シーティア」の修理を行います。

温水洗浄便座の名称はTOTO製であれば一般的な名前の「ウォシュレット」LIXIL製であれば「シャワートイレ」
水栓メーカーの老舗DETOの温水洗浄便座は「シーティア」です。

 

アメニティでは「シーティア」をOEMで取り扱っています。

シーティアの特徴は、部品交換がとにかく簡易にできるという事。

Ws000032

他メーカー製の温水洗浄便座は、修理がメーカーメンテナンスに依頼しないと対応できない事が多いのですが
シーティアは、とにかく部品交換は簡単に解決できる仕組みとなっています。

20211022_053208000_ios 20211022_053205000_ios

今回は、便座ヒーターが壊れたため交換いたしました。

20211022_053324000_ios

便座ヒーターの故障は、便座ユニットの交換で対応いたします。

20211022_053901000_ios

便座の交換は+ドライバー一本で交換できる仕組みになっています。

20211022_054312000_ios

簡単に交換ができました。ヒーターも問題なく作動しております。

 

メーカー修理となると費用が高くついてしまう事は当然です。

シーティアであればお客様個人で簡単に修理できてしまうので、安価で修理できます。

 

壊れる。壊される事が多い業種では、「シーティア」は非常に喜ばれています。

参考にしてみてください。

それではまた。

 

|

« 大便器の排水ソケットが破損すると! | トップページ | 自分のしたもの見てますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大便器の排水ソケットが破損すると! | トップページ | 自分のしたもの見てますか? »