« 年男の診断士 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2022年1月 7日 (金)

初詣

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

宝剣恭子です。

昨年に引き続き、今年も新型コロナ

の感染が落ち着かない状態で新年

を迎えることになりました。

 

そのため、今年も、リモートで、神社

への参拝をさせて頂きました。

写真は、夏の十和田神社になりま

す。受験の合格祈願をさせて頂いた

ところでもあり、私にとっては、非

常に思い出深い場所でもあります。

さあ、立派な鳥居が見えてきました。

鳥居をくぐらせて頂きましょう。

Img_1703

本殿です。素朴で力強い感じです。

Img_1704

ここで、日ごろの感謝と今年も無事

に乗り切れるようにと、お祈りさせ

て頂きました。

余談

 大好きな宝剣岳から初日の出

を見てみたいものと思います。

Img_0652

 この写真は5年前の7月に撮影しま

した。

 後ろにそびえたつ山が宝剣岳です。

 宝剣岳の頂上は2,931mです。私が

立っている位置から約30分以内で宝剣岳

の頂上にたどり着くことができます。

(宝剣岳は25年ぶりの登山でした。)

 険しい岩登りにように見えますが、鎖

が整備されているので、準備して気を付け

ながら登れば、頂きに立つことができます。

(今お話しした内容は、天候が良好で夏季

の場合です。悪天候の場合は、がらりと

変わります。滑りやすくなりますし、滑落

の危険が増します。予期せぬアクシデント

が増えます。宝剣岳は冬だけでなく夏も滑

落事故が多い山です。死亡事故も毎年と

言ってよいほどあります。)

 この頂上から眺める地平線は、弧を描くよ

うにカーブしており、地球が丸いことを実感

できます。そして、雲海は下に広がります。

 

この3連休で山に行かれる方へ

 私が初めて日本アルプスに挑戦したのは、

30年以上前、小学校4年生の時で、北アルプス

の白馬岳(標高2,932m)に家族で登りました。

 白馬岳の雪渓は、日本3大雪渓の一つ

です。その大雪渓をひたすら登り、頂上を目

指しました。30年以上前のアイゼンは今のよ

うに軽量ではなく、かなりの重さがありました。

(雪渓の上は、登山靴にアイゼンをつけて歩き

ます。)

 雪渓の上を気を付けながら進んでいきました

が、初めての雪渓ということもあり、足は疲労

と雪と泥でどんどん重くなっていきました。

おまけに、途中は、雨と落雷に襲われ、自然の

脅威を垣間見ながら上を目指したことを覚えてお

ります。落雷は凄まじい閃光を放っており、恐怖

でしかありませんでした。行程の中間あたりまで

きていたので、引き返すこともままならず、前進

するしかありませんでした。

 私より、はるか先に進んでいた登山グループ

の中には、落雷と落石で怪我されていた方がい

たことを山小屋の診療所で知りました。私は、

予定より大幅に遅れていたため、この事故に

巻き込まれずにいたことがわかりました。

 この日は、本当は頂上までを予定していまし

たが、予定を変更し、手前の小屋で宿泊する

ことにしました。体力の消耗と悪天候のため

、これ以上進むのは危険と父が判断したからで

す。比較的元気だった母と姉は、手前の山小屋

の宿泊手続きのため、先行しました。

 私は、父に励まされながら、何とか手前の

山小屋にたどり着きました。

 

 翌日、白馬岳の頂上にたどり着きました。頂上

から見る青く煙る水平線、今でも覚えておりま

す。決して記憶から消えることはない景色でし

た。地球が丸いと思った瞬間でした。

 また見たいと思える景色でした。

 

 この連休で、登山される方も多いかと思います

が、無理のない計画で楽しまれるよう、どうかお

願いします。良く天候を確認してください。

 異常気象の時は、危険です。

 引き返す勇気や予定変更の勇気をもつことも、

必要です。

 山は疲れた心を癒してくれますが、自然の脅威

という牙をむいてくることもあります。十分お気を

つけください。

 

|

« 年男の診断士 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

宝剣恭子さん、あれバイオ恭子でないの。
そして話が長いよ。起承転結。まずはつかみ、起で、これから何やるのと期待させて次から次と進めていき、ちょっと話を変えて結びに持っていく。
まずは、つかみがないよ、ぐっとお客さんをのめり込まさないといけない。これができれば代替進行は終わるよ。最近の漫才やコントもまずは、
このつかみ、導入ですよ。営業の導入も一緒、つかみでどう興味を持ってもらうのか、これがいちばん大事なんじゃない。これは
訓練、訓練、練習、練習です。これができていないと次に進めないや。あなたの苦しみ、お助けしますよ。これが営業の一番大事な心得ですよ。
この投稿も、練習練習。でも起承転結が大事。と、思うのですが、年寄りは。

投稿: 明るく火を灯しましょう | 2022年1月 7日 (金) 20時23分

ありがとうございます。
お話し、2種類は多かったですね。

今回は趣味の登山中心にまとめる
べきでした。
このところ、登山の遭難事故が多発
しておりましたので、注意喚起を促し
たくなってしまいました。

追伸
通常月はバイオ恭子ですが、1月だ
けは、毎年宝剣恭子です。
ゲン担ぎです。

投稿: | 2022年1月11日 (火) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年男の診断士 | トップページ | あけましておめでとうございます »