波自賀村跳男

はじかむらはねお

2021年8月 5日 (木)

栗まんじゅう問題について!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

いつもトイレにまつわる話ばかりなので、たまには別の話を投稿します。

 

栗まんじゅう問題です。

Kuri

 

栗まんじゅう問題、それは、ドラえもんに登場する「バイバイン」という秘密道具により、増殖を続ける栗まんじゅうの問題です。

 

1、バイバインは、一滴たらすとその物体を5分ごとに倍に分裂させる薬品です。
2、のび太は1つしかない栗まんじゅうを増やして食べる為、バイバインをかけ増殖を試みます。
3、すると栗まんじゅうは5分に1回分裂を始めます(5分ごとに2倍に、つまり5n分後には2のn乗倍になる)
4、分裂のスピードに追いつかず、のび太は友人に助けを求めますが、食べ切れません。
5、地球崩壊の危機に陥ります。
6、困ったドラえもんは、小型ロケットで宇宙に栗まんじゅうを放出します。    という話です。

 

最初たった1つだった栗まんじゅうが、
1時間後 … 4096個
2時間後 … 16777216個
3時間後 … 68719476736個 (687億)
4時間後 … 281兆
5時間後 … 115垓 ←ほぼ地球の大きさ
という天文学的な数に増殖します。

それをそのまま放置すると、
12時間後には、銀河系を飲み込み、
15時間後には、宇宙全体を栗まんじゅうが飲み込んでしまいます。

 

この宇宙的な問題に対し、イギリスの科学雑誌「Mature」が、この問題を解決した人物に100万ユーロの賞金を授与すると発表したほどの難問です。

この漫画が掲載されたのは、1979年7月ですので、今、あの時、のび太とドラえもんが宇宙に放出した栗まんじゅうはどうなっているのか?とても心配です。

 

まだ、未解決の問題なので、続報があったら、改めてご報告します。

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

DHC8-Q400型機(ANA)のトイレ!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

私は、仕事柄、全国に飛行機で出張しています。

せっかく飛行機に沢山乗っているんだから、飛行機のトイレを調べてブログに載せるのはどうだろう!と思い、記事を投稿することにしました。

 

5月中旬、長崎県の対馬に、コロナ対策として、自動の手洗いを取り付ける工事に行ってきました。

その時、福岡空港から対馬空港に向かう飛行機のトイレをご紹介します。

 

D019

 

なんと、プロペラ機でした。

DHC8-Q400というカナダのボンバルディア・エアロスペース社が製造した飛行機です。

対馬空港に着くと、ANAの職員の皆さんが飛行機の前でお出迎えしてくれます。

 

初めて飛行機のトイレの記事を書こうと思い、トイレに入って思ったのは、「せ、狭い」ということです。

やはり、飛行機は、搭乗スペースを最大に、トイレなどは最小にという考え方で作られているんだなと思いました。

しかし、この狭い中に、盛沢山の機能が集約されていて、すごいと思いました。

 

D013

大便器は、プラスチックのU字便座です。青い水が流れることを見ると、1度、使用した水を循環して再利用しているのかなと思います。飛行機に沢山の水を乗せるのは、無駄ですから当然ですね。

D014

洗面台の水は、レバーを押している時しか流れません。

やはり、とても節水を意識して作られていました。

 

D006

こんな狭いのに、大便器の上に、おむつ替えシートがありました。

D007

また、ペーパータオルも完備。

D011

生理用品を捨てるゴミ箱とペーパータオルを捨てるゴミ箱が上下に並んでいます。

D010

また、照明、緊急用呼び出しボタンとスポットクーラーもついています。

至れり尽くせりです。

 

飛行機のトイレもよく考えられているなぁと思いました。

 

D020

トイレの調査を終え、対馬空港に到着しました。

沢山のツシマカワウソがお出迎えしてくれました。

 

1日だけの滞在でしたが、対馬はとても良い所でした。

ぜひ、皆さんもANAのDHC8-Q400型機に乗り、対馬に行ってください。

それでは。

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

手洗いの自動化について!

おはようございます。
波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

新型コロナウィルス、なかなか落ち着かないですね。

暑くなってきたら落ち着くだろうと思いましたが、イギリスからの変異種N501Yが日本で流行し、緊急事態宣言発令中にもかかわらず、感染者数は増え続けています。

N501Yは感染力が強い上、若年層でも、重症化するということで、更なる自衛が必要になってきます。

とはいえ、新型コロナウィルスは、手指を介して、口から体内に入る訳で、冷静に考えれば、「手洗いの励行」を徹底すれば感染を抑えることができます。

せっかくなので、当社の3種類の自動水栓をご紹介します。

 

1、自動水栓せせらぎV2

  単3アルカリ乾電池(エボルタ)を使用すると10年間使用できる自動水栓です。

  吐水口に、節水泡沫がついている為、少量の水でも勢いよく手洗いすることができます。

  Img_6801

 

2、自動水栓せせらぎスリムオートDual

  単3アルカリ乾電池(エボルタ)を使用すると7年間使用できる自動水栓です。

  飲食店の厨房や病院など、「手だけじゃなく、肘まで洗いたい」場合に使いやすいタイプのものになります。

  センサーに反応している間だけ水が出る「①通常センサー式」と、センサーに手をかざすと水が出て、もう一度手をかざすと水が止まる「②オンオフセンサー式」の吐水方法を設定で切り替えることができます。

 Img_6856

 

3、さざなみオート

  単3アルカリ乾電池(エボルタ)を使用すると10年間使用できる自動水栓です。

  洗面流しを簡単に自動化することができます。吐水パイプを外し自動水栓をつけるだけなので5分位で取付できます。

Img_7005

 

手洗いの自動化は、コロナの感染防止だけでなく、水の流し放しを防ぎ、経費削減にもつながります。

思った以上に簡単に自動化できますので、お気軽にご相談ください。

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

フレックスシャフトで排水管洗浄!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

先日、築15年ほどのお客様の所で小便器排水管の洗浄を行ってきました。

やはり長年使っていると、尿石が少しずつ結晶化して、鍾乳洞のような状況になります。

 

これが作業前の写真です。

M033

今回、この尿石を、フレックスシャフトという配管洗浄機器を使い除去しました。

D002 ←写真を押すと作業動画が見れます。

 

電動ドライバーでフレックスシャフト先端の金属チェーンを回転させながら排水管内の尿石を除去します。

内視鏡を見て、ピンポイントで除去を行うことができます。

 

作業後は、こんな感じです。

尿石が完全に砕かれました。

A033  

 

トイレメンテナンスの世界も、日進月歩、進化しています。

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

波自賀村跳男の名前の由来について!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

当社には、ビジネスネームという名前があります。

漫画家にペンネームがあるように、私たちの会社の社員には、トイレにまつわる名前がついています。

 

私の波自賀村跳男(はじかむらはねお)という名前もビジネスネームです。

今日は、私のビジネスネームの由来についてお話します。

 

実は、私のビジネスネームは、古代の日本の神話から名づけられています。播磨国風土記と呼ばれる奈良時代に編纂された古文書に描かれています。

 

ある日、播磨の国に住む大汝命(オオナムチノミコト)と小比古尼命(スクナビコナ)という2人の仲の良い神様が競争をしました。

どんな競争かというと、「1人が重い粘土をもってどこまで歩けるか、もう1人が糞を我慢してどこまであるけるか?」というかなりくだらない戦いです。

 

体が大きく力持ちの大汝命は糞を我慢して行き、体は小さいが我慢強い小比古尼命は粘土を担いでいくこととなりました。

 

数日後、大汝命は「私は我慢できない」とその場で用を足してしまいました。

小比古尼命も笑いながら「疲れた」と粘土(ハニ)を岡に放り出しました。このためハニ岡と呼ばれるようになりました。

 

また、大汝命が用を足したときに、笹が弾き上げて服についてしまいました。このためはじかのむら)と呼ばれるようになりました。この粘土と糞は石となって今もあるといいます。



兵庫県神崎郡神河町飛影延にある日吉神社の本殿裏にある巨大な岩がその時の粘土(ハニ)だと言われています。

 

兵庫県神崎郡市川町屋型には、初鹿野というバス停があります。このあたりが、大汝命が用を足した場所だと言われています。

 

Hajikamura

 

ちなみに、大汝命は、日本書紀、古事記にも載る大国主のことです。
スサノオとクシナダヒメの子どもで、因幡の白兎の主人公でもあり、国作り、国譲りを行った神様です。

 

なかなか面白い逸話ですね。
コロナが落ち着いたら、一度、行ってみたいです。

 

参考:神前の郡 堲岡(はにおか)の里のおはなし

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

NIKKEI全国社歌コンテスト!!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

実は、この度、当社、株式会社アメニティは『NIKKEI社歌コンテスト』に応募しました。

 

私の引っ込み思案な性格からすると、自ら応募する事は、絶対にないのですが、

先代社長から、まるで最後の願いという感じで、「NIKKEI全国社歌コンテストに応募しろ!」と指令がありました。

 

先代がそこまで「やってほしい」と言うなら、恥ずかしいけど、やってみようと応募しました。

時代が時代なので、皆、1人ずつ、歌声を録音し、ZOOMなどを駆使し、作り上げました。

 

今更ながら、歌手って、本当に歌、うまいなぁと、自分の歌声を聞き感じた取り組みでした。

 

Syaka_20201216210801

 

12月14日(月)~12月25日(金)までが、投票期間になっています。

皆さん、ぜひ清き一票をお願いします。

 

日経社歌コンテスト アメニティの投票は下記URLでお願いします。(1ブラウザにつき1日1票まで)

 

https://shaka.nikkei.co.jp/#71

| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

第2の膀胱?!

おはようございます。
波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

先日、NHKの「ためしてガッテン」を見て、心から驚きました。というか、ガッテンしました。

 

その回のテーマは、「夜間頻尿」です。

Hinnnyou

 

夜間頻尿とは、夜、排尿の為、何度も起きてしまう現象です。

高齢になると、夜間頻尿が多くなり、睡眠不足に悩む方も多いそうです。

 

ブログを書いている私自身も、お恥ずかしながら、最近、夜のトイレが多くなり、不思議だな?と思っていた所です。

 

試してガッテンでは、20代の寺北くんと76才の林さんがある実験をします。

その実験は、「同じ量の食べ物、飲み物を食べ、その後の排出量、排出時間を測定する」というものです。

 

若い寺北さんは、食事をすると、すぐにトイレに行きますが、高齢の林さんは、ほとんどトイレに行きません。

朝から就寝までにトイレに行った回数は、寺北くん4回、林さん1回。

 

寺北さんは、その日に接種した水分を、起きているうちに全て排出しましたが、林さんの体内には、ほぼその水分が残っている状況です。

 

寝る前に、超音波エコーを使い、2人の膀胱を調べた所、2人とも膀胱に水分は入っていませんでした。

「あれ??、林さんの摂取した水分はどこに行ったの??」

接種した水分は、膀胱にはありませんでした。

 

 

それでは、問題です。

問題。高齢の林さんが昼間に摂取した水分は体のどこに行ったのでしょうか?

 

1、腎臓

2、肝臓

3、血管

4、ふくらはぎ

 

 

わかりますよね?

 

 

あきらかに一つだけ異質なものが入っているし・・。

 

 

正解は、「ふくらはぎ」です。

 

実は、ふくらはぎの皮膚と骨の間には、「間質」と呼ばれる細胞間にある緩衝材の役割を持つ組織があり、その間質に水分がたまっていました。

実は、「昼間に接種された水分は、ふくらはぎに蓄積されていた」「第2の膀胱はふくらはぎ」という事実です。

 

若い時は、筋肉があるので、ふくらはぎに蓄積された水分を膀胱まで押し上げることができますが、高齢になり、筋力が衰えると、足にたまった水分を膀胱まで持ち上げることができなくなるそうです。

夜、寝る際に、横になるので、重力がかからなくなり、一気に膀胱に水分が流れていき、夜間頻尿になるそうです。

 

目から鱗のガッテンでした。

 

夜間頻尿を防ぐには、「弾性ストッキングをはく」「昼間、足を少し上げる」「塩分を控える」という事だそうです。

 

お困りの方は、ぜひ実践してください。

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

THE TOKYO TOILET プロジェクト!!

こんにちは。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

本日、トイレで画期的な取り組みがあり、その説明会に参加してきました。

001_20200805143501

003_20200805145401

迷路の壁のように見えますが、コンクリートの壁で作られたおしゃれな公衆トイレです。

新しく、世界的なデザイナーの片山正通さんが設計されました。

 

今回、このような斬新なデザインのトイレが渋谷区に17か所出来ることになりました。

 

その仕掛人は、日本財団さんです。

002

トイレは、日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴です。

しかし、公共トイレは、まだまだ暗い、汚い、臭い、怖いの4Kの象徴であり、課題が山積しています。

 

今回、日本財団が渋谷区と渋谷区観光協会の3者で協力し、全力で快適な公共トイレを作るプロジェクトを立ち上げました。

その名は、「THE TOKYO TOILET」プリジェクトです。

 

渋谷区にある17か所の公衆トイレを世界的に著名なデザイナーに設計を依頼。

 安藤忠雄、隅研吾、片山正通、小林純子、佐藤可士和・・・。そうそうたるデザイナーです。

 

メンテナンスも、1日3回実施し快適性を維持。

 私達アメニティも毎月トイレ診断を実施し、トイレの健康状況をチェックし、特設ウェブサイトで公開します。

 

本日は、恵比寿公園トイレ、代々木深町小公園トイレ、はるのおがわコミュニティパークが公開されました。

 

代々木深町小公園とはるのおがわコミュニティパークのトイレは、外から見ると壁が透明なトイレです。

 

004_20200805150301

使用前は、電気が流れて、壁が透明になります。

 鍵をかけると、電気が切れ、透明な壁が見えなくなります。

 

ぜひお近くにお寄りの際には、お試しください。

 

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

コショウと石鹸を使った手洗いの実験!

皆さん、こんにちは。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

ネットを見ていたら、アメリカの先生が幼稚園入学前の子ども達に、「石鹸をつかった手洗いが大事である」ことを教えている動画を見つけました。

コショウをウィルスに見立て、石鹸を使うとウィルスが逃げていくように見える動画です。

 

 

子ども達の反応がとてもかわいくて、ほほえましい動画です。

 

本当は、界面活性剤により、石鹸をつけた指の周りの表面張力が弱くなり、皿のフチ周辺の強い表面張力に引っ張られているだけなんですが・・。

原理原則はさておき、手洗いの大事さを伝える良い動画だと思います。

小さなお子様がいる方は、見せてあげてください。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

ダンゴムシの糞の効果!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

ニュースを見ていた所、面白い記事をみつけました。

『ダンゴムシのふんに秘密 小1から研究、11年目で解明』 という記事です。

Dangomushi

 

この研究をした島根県立出雲高校2年の片岡柾人さんに、率直にあっぱれ!だと思いました。

 

誰もが、幼稚園児くらいの時は、手の上で丸まってしまうダンゴムシは大好きな昆虫でした。

しかし、年齢を経ると共に、普通はダンゴムシなど嫌いになるものです。

でも、この片岡柾人さんは、小学校1年生の頃に、ダンゴムシの魅力にはまり、育てていく中で、ダンゴムシの糞にカビを抑える微生物がいることに気づいたと言います。

 

本当に、好きこそ物の上手という通り、見事だなぁと感じた記事でした。

今後も、素晴らしい研究を続けてほしいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧