波自賀村跳男

はじかむらはねお

2020年5月 4日 (月)

コショウと石鹸を使った手洗いの実験!

皆さん、こんにちは。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

ネットを見ていたら、アメリカの先生が幼稚園入学前の子ども達に、「石鹸をつかった手洗いが大事である」ことを教えている動画を見つけました。

コショウをウィルスに見立て、石鹸を使うとウィルスが逃げていくように見える動画です。

 

 

子ども達の反応がとてもかわいくて、ほほえましい動画です。

 

本当は、界面活性剤により、石鹸をつけた指の周りの表面張力が弱くなり、皿のフチ周辺の強い表面張力に引っ張られているだけなんですが・・。

原理原則はさておき、手洗いの大事さを伝える良い動画だと思います。

小さなお子様がいる方は、見せてあげてください。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

ダンゴムシの糞の効果!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

ニュースを見ていた所、面白い記事をみつけました。

『ダンゴムシのふんに秘密 小1から研究、11年目で解明』 という記事です。

Dangomushi

 

この研究をした島根県立出雲高校2年の片岡柾人さんに、率直にあっぱれ!だと思いました。

 

誰もが、幼稚園児くらいの時は、手の上で丸まってしまうダンゴムシは大好きな昆虫でした。

しかし、年齢を経ると共に、普通はダンゴムシなど嫌いになるものです。

でも、この片岡柾人さんは、小学校1年生の頃に、ダンゴムシの魅力にはまり、育てていく中で、ダンゴムシの糞にカビを抑える微生物がいることに気づいたと言います。

 

本当に、好きこそ物の上手という通り、見事だなぁと感じた記事でした。

今後も、素晴らしい研究を続けてほしいと思います。

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

トイレあるあるの歌!について

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

先日、名誉トイレ診断士の佐藤満春さんが、「劇佐藤満春第2章」という劇を行いました。

私も観に行ったのですが、単純に演劇だけでなく、音楽、動画、YOUTUBEなど、色々なものを組み合わせ、今できる工夫を重ねて作ってあることにとても感心しました。

演劇の中で、今、はやりのYOUTUBEに、「トイレあるあるを投稿している佐藤満春」というくだりが出てきます。

単純に、演劇の中のただのセリフだと思うのですが、実は、公演前日に、当社のトイレ(トイレ診断士の厠堂本舗)で、撮影を行い、本当に「トイレあるあるの動画」を作成し、YOUTUBEにアップしています。

Img_7213

こんなにきちんと伏線を貼り、回収していることに、佐藤さんの真面目さと真剣なるが故の面白さを感じました。

一緒に撮影に来られた監督さんやカメラマン、ADさん、皆、佐藤さんの人柄に動かされ、自発的に、楽しいと思って作っているのが、とてもよくわかりました。

真剣こそ物事の王道。そんなことを感じるひと時でした。

せっかくなので、「トイレあるあるの歌」をご紹介します。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

尿1滴で癌かどうかがわかる技術!

おはようございます。波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

ニュースを見ていた所、「尿1滴で癌かどうかがわかる検査」が実用化されたという記事を発見しました。

体長1ミリの線虫という微生物を使い、ステージ0~1という超早期な癌が85%の確率でわかるといいます。
ガンは早期発見できるかどうかがカギですから、本当に画期的な技術ですね。
価格は9800円。2020年1月から取り扱いを開始するそうです。

尿は身近な健康のバロメーターですね。

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

サトミツ&ザ・トイレッツの新曲について

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

名誉トイレ診断士の佐藤満春さん率いる世界唯一のトイレバンド、「サトミツ&ザ・トイレッツ」が、新曲「I'LL BE THERE ~常滑生まれの僕~」を発表しました。

 

Toilets

 

この曲は、今月末、行われる「常滑お笑いEXPO」をきっかけに、同じく日本トイレ協会法人会員のLIXILさんとコラボして制作されました。常滑生まれのトイレの素晴らしさを歌い上げています。

楽曲は、イベントホームページからダウンロード可能です。
ぜひ、お聴きください。

「常滑生まれのトイレ」の歌 誕生

 

 

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

南アフリカ「ズサケ小学校」に贈ったトイレのその後について!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

先日、南アフリカにお住まいの女性からご連絡を頂きました。

2014年、羽沢小学校の生徒たちから「トイレで困っている子ども達を助けてほしい」という依頼を受け、彼らが育てたキャベツを売ったお金と子ども達の純粋な気持ちを受け、世界各国のロータリークラブと一緒にトイレを作りました。

(2014年南アフリカのロータリークラブから表彰を受けた羽沢小学校3年2組の子ども達)

南アフリカにお住いの女性は、日本の子ども達、また当社が南アフリカにトイレを作るご協力をした事が嬉しかったようで、その後、そのトイレがどのように使われているか、写真を送ってくださいました。

020

003_20190806183301

005

009

011

008

とてもきれいに使ってくれていて、本当にうれしいです。

 

最後に、南アフリカの子ども達の写真も送ってくれました。

015

014

016

000

改めて、羽沢小学校の子ども達の純粋な気持ちを届けることができて、本当に良かったと思いました。

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

ツバメの巣があるトイレ!

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

先日、栃木県に遊びに行った帰りに、面白いトイレに遭遇しました。

 

そのトイレの場所は、茨城県の常磐自動車道守谷サービスエリア上り線の男子トイレです。

Img_0805

Img_0804

このトイレ、入ると頭の上に、黒い物体が飛来します。

「なんだ?」と思ってみると、

 

「ツバメ」がトイレの中を行き来しています。

 

Img_0798

一番奥の洗面台の上の部分に、何かがあります。

 

Img_0799

なんと、ツバメの巣です。

ツバメのヒナが親ツバメが餌を運んでくるのを待っています。

 

こんな感じです。

 

なんとも癒されるトイレです。

ぜひ常磐自動車道に乗った際には、お立ちよりください。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

犬の公衆トイレ!(大分駅前)

おはようございます。

波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

 

先日、大分に仕事に行ったところ、駅前に犬の公衆トイレを発見しました。

Img_1716

ピクトがちゃんと犬ですね。

 

Img_1717

どうやら、盲導犬や補助犬用に作られた公衆トイレのようです。

 

Img_1715

中に入ると、こんな感じです。

さすがに、便器はありません。

 

Img_1714

用を足したら、おしっこはホースで水を流し、大便は汚物流しで流します。

 

以前、犬はどこでも用を足すのが当たりまえでしたが、時代を感じますね。

 

皆さんも、大分駅に行ったら、ぜひ犬のトイレをご覧ください。

 

 

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

INAXライブミュージアムに行ってきました!

皆さん、こんにちは。
波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

昨日、愛知県常滑市行ってきました。
常滑市には、日本が誇る2大トイレメーカーであるINAXの博物館があります。

E0c4470078184ef4a9a496262cde6c13_2

1台1000万円という、超豪華な便器が展示されていたり、日本で初めての温水洗浄便座が展示されていたり、トイレ好きにはたまらない空間でした。

私は、個人的には、トイレの展示より、外装の展示の展示に驚きを感じました。5000年前の外装杭やテラコッタという外装の化粧が気に入りました。

ぜひ、愛知県に行かれる際は、どうぞお立ち寄りください。

B418c561e9b842e8a601f32b60f14437


87ea46f50f904b819428ce6b514471b7


| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

ボタンが多い!

明けましておめでとうございます。
波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

最近、私は、海外の留学生を受け入れるお手伝いをしています。

アメリカ、台湾、タイ、フランス、エクアドル、ドイツ、ブラジル、ベルギーの高校生です。

先日、彼らに、「日本に来て驚いたこと」というテーマで話をしてもらいました。

1番多かったのは、「治安が良い」という話でした。
「小学生が1人で電車に乗って学校に行く」ということを見て、彼らは驚いていました。
普通、海外では、車の送迎付きというのが普通だそうです。

次に多かったのが、「トイレのボタンが多い」という話でした。
「トイレのボタンが多すぎて、何のボタンかわからない」と口をそろえて言っていました。

あまり気にしたことがありませんでしたが、確かに、ボタン多いですね。
自分も言葉がわからない外人の立場だったらわからないと思います。

今後、ボタンを少なくすること、最低限のボタンで操作することが大事になると思いました。
各メーカーさんの努力に期待します。

Img_5004

| | コメント (0)

より以前の記事一覧