波自賀村跳男

はじかむらはねお

2018年4月21日 (土)

国際宇宙ステーションのトイレ!

おはようございます。
波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。
 
今日は、国際宇宙ステーションのトイレのやり方について、動画を見つけたのでご紹介します。
 
宇宙飛行士の大西さんが解説してくれているのですが、宇宙では体が固定できず、やりにくそうです。
 
ぜひご覧ください。
 
 

| | コメント (0)

2018年3月12日 (月)

偉大な植物の力!

おはようございます。
波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。
 
以前、テレビを見ていて、すごいなと思った事があります。
それは、地球という天体がすごいということです。
 
次の数字は、各天体の大気の組成です。
 
金星 96%二酸化炭素、4%窒素
地球 78%窒素、21%酸素、1%アルゴン等
火星 95%二酸化炭素、3%窒素、2%アルゴン等
 
太陽系の生い立ちを考えれば、元々、地球も他の星同様、二酸化炭素を主成分とした大気であった事がわかります。
 
でも、地球の場合は、水が液体で存在できる温度の為、水に二酸化炭素が溶け込み、なおかつ、植物の光合成で二酸化炭素が酸素になっていきました。
 
シアノバクテリアという藻類の植物が20数億年という、気の遠くなるような時間をかけ、地球に酸素を作り続けたそうです。このバクテリアがいなければ、地球上の全ての生物は存在しません。
 
このバクテリアをはじめとして、地球上の植物が少しずつ、この大気を作り出したわけです。植物の偉大な功績です。
 
地球温暖化防止、低炭素社会と言われていますが、我々人類は、この植物の20数億年に渡る努力を簡単に壊してはいけないなと思いました。
 

Eclipse_epc_2016068

 

| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

ロータリークラブの一番最初の社会奉仕活動!

みなさん、こんにちは。
波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。
 
実は、私はロータリークラブの会員です。
 
ロータリークラブとは、企業経営者やお医者さん、弁護士など、色々な職業人が集い、人道的な奉仕活動を行い、世界平和や親善を進める団体です。
 
折角なので、「ロータリークラブが一番最初に行った社会奉仕活動」について投稿します。
 
ロータリークラブは、1905年、ポールハリスという弁護士が友人3人と一緒に、アメリカのシカゴで生まれました。(今では、世界200カ国、約33,000人の会員を有する、世界的な社会奉仕団体です。)
 
そのシカゴロータリークラブが、一番最初に行った社会奉仕活動は、「シカゴの公衆トイレの設置事業」でした。
 

Wc

 当時、ループ地区(シカゴ中心部)には、公衆トイレがなく、シカゴの人々は不便な思いをしていたそうです。

 トイレに行きたくなった場合は、男性はバーに行って、女性は百貨店に行って、お酒を飲んだり、化粧品を買ってもらう事の見返りとしてトイレを使わせてもらっていたそうです。

 そんな状況でしたので、シカゴの人々は公衆トイレを熱望しますが、そのまま収益に直結していたシカゴの醸造組合や百貨店組合からは、激しい反対があがったそうです。

 シカゴロータリークラブは、約25の市民団体代表を集め、公衆トイレ建設委員会を設立し、行政当局とかけあい、2つの公衆トイレを作ったそうです。

 奉仕活動と言っても、「単にお金を出して終わり」というものではなく、市民ニーズを把握し、関係者等の調整を行い、資金的な応援も行い、初めて結実したものでした。

 多分、調整を行ったロータリアンは、自分の仕事の合間に、相当、面倒な調整や手続きを行っていたものと思います。でも、人の為に、世の中の為に、尽くせる姿勢は本当に素晴らしいなと思います。

 私も、草創の先輩に習い、このように、人の為、世の中に為に行動できる人を目指します。

| | コメント (0)

2017年12月20日 (水)

ザスーケ療育支援学校のトイレが完成しました!

こんにちは。波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。
先日、南アフリカの幼稚園より、「トイレが完成しました」というメールを頂きました。

01

02

03

実は、2014年1月に、私たちの会社の近隣にある羽沢小学校の生徒たちが、自分達の育てたキャベツの売り上げを、「トイレで困っている世界の人に使ってほしい」と寄付をしたものです。
このトイレが出来るまでは、バケツに用を足し、都度、捨てに行く状況でした。
羽沢小学校の子ども達の寄付に、当社アメニティの寄付を加え、地元のロータリークラブを通じて、トイレ建設を行いました。
3年かかりましたが、羽沢小学校3年生の子ども達の気持ちが、南アフリカに形として残りました。
ギスギスしたニュースが多い中、本当に心温まる美談ですね。
嬉しい出来事でしたので、ご報告します。

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

祝!サトミツ&ザ・トイレッツ、メジャーデビュー!

おはようございます。
波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。
 
明日11月10日、佐藤満春さん率いるサトミツ&ザ・トイレッツが、ソニーミュージックよりメジャーデビューすることになりました。
これで、わが社のネーミングライツしたトイレの看板モデルをやっていただいている『佐藤満春さん』、『菜月アイルちゃん』、2人とも、めでたくメジャーデビューしたことになります。
 
「アメニティの公衆トイレのネーミングライツ看板モデルは、メジャーデビューできるというジンクス」ができそうです。本当におめでたい事です。
 
実は、サトミツ&ザ・トイレッツは、私の社長就任とほぼ同時にスタートしています。
 
なので、私の社長としての成長と、トイレッツの飛躍が重なってみえます。
サトミツ&ザ・トイレッツの更なる飛躍、ご活躍を楽しみにしています。
下の色紙は、トイレッツの皆さんに社長就任祝いで書いて頂いた色紙です。
 
20150112
 
せっかくなので、彼らのミュージックビデオをどうぞ。
 
 

| | コメント (0)

2017年9月29日 (金)

猫もきれいなトイレが好き!

こんにちは。波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

我が家では、私がトイレ掃除をしています。

 

プロですから、どんな汚い状況でも改善できます。

  「自宅のトイレをいくらでもきれいにできる能力がある」。

 

ある種、特殊能力だとは思いますが、トイレの仕事をしていて良かったといつも思います。

私のトイレ当番は、人間のトイレだけではありません。

 実は、我が家では、「ハナ」という名前のオス猫を飼っています。

001

彼のトイレも、私が清掃しています。

なので、彼は、トイレが汚くなると、私の足元にすり寄ってきて、「何とかしろ!」と言いに来ます。

もちろん、猫なので、「にゃあ、にゃあ」言っているんですが、明らかに、「トイレをきれいにしてくれ」と不満を言っているのがわかります。

先日、ハナの監視の元、トイレ掃除をしました。

よっぽど、自分のトイレが気になるようで、ずっと付きっ切りで作業しました。

002

清掃後は、ご満悦な表情で、「ありがとう」(にゃあ)と言ってくれます。

また、きれいなトイレで、嬉しそうに用を足しに行きます。

 

きれいなトイレが好きなのは、人間だけじゃなく、猫も一緒なんだなと感じる今日この頃です。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

尿石の威力!

こんばんは。波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

あるお客様から、「尿石とニオイの相関関係がわかるデータってないですか?」という質問を受けました。

つまり、「どれくらいの尿石があると、どれだけ臭いのか?」という質問です。

そんなデータなかったので、実験してみました。

150ccのプラスチック容器に、尿石を入れ、1分放置、そのうえで、検知管でアンモニア量を測定しました。

01

 容器とiphone(ストップウォッチ)を用意。

02

 尿石投入1分後に測定。

03

 まず0.1g。

04

 こんな量でも7ppmです。

05

 続いて1g。

06

 なんと25ppm。

07

 続いて10g。

08

 当然、検知管を振り切りました。30ppm超。

ちなみに、0.5gでもやってみました。

09

 14ppmでした。

尿石って、わずかな量であっても、においの原因になる事がよくわかりました。

この実感を共に味わいたい方は、自分でもできますので、ぜひやってみてください。

| | コメント (0)

2017年5月29日 (月)

トイレと契約書!

おはようございます。波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。
ネットで動画を検索していたら、サンドウィッチマンのトイレのコントを発見しました。
なかなか熱い物語です。
ぜひご覧ください。

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

台湾のトイレについて!

こんばんは。波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。
先週末、社員旅行で台湾に行ってきました。

G003

忠烈祠でピクリとも動かない衛兵さんを見たり、

G004

夜市に行って、色々、買ったり、食べたり、

G005

龍山寺に行って、荘厳な建築に、感動したり・・。

素晴らしい旅でした。

そんな台湾のトイレは、こんな感じでした。

G002

これは、公園の公衆トイレの写真です。

G008

これは、お寺のトイレです。

G011

これは、喫茶店のトイレです。

共通点は、「大便器の横に必ずゴミ箱がある」です。

それは、なぜでしょうか?

      ↓

 (わかります?)

      ↓

      ↓

 (ヒントは、〇〇が〇〇できないから)

      ↓

      ↓

 (もうわかりましたよね?)

      ↓

 答えは、「トイレに紙を流せないから」です。

台湾のトイレは、日本と比べ、「下水管が細く」、「トイレットペーパーの紙質も厚く、溶けにくい」ものが使われています。

だから、そのまま、トイレに流してしまうと、詰まってしまいます。

その為、トイレには、大便だけを流し、紙はゴミ箱に捨てるようになっています。

なかなか日本ではできない体験となりました。

ぜひ皆さんも台湾で体験してみてください。

それでは。

| | コメント (0)

2017年3月 4日 (土)

タイのトイレ!

おはようございます。波自賀村跳男(はじかむらはねお)です。

実は、先日、タイに行ってきました。
そう、微笑みの国、タイです。

001

タイの人々は、仏教の信仰心が強く、とても親切で、良い方が多かったです。

ただ、我々の知っている仏教の知識とは違うようで、色々、驚きました。

002

この写真に写っている後ろのピカピカしている像、なんだかわかりますか?

実は、西遊記の孫悟空です。

003

僕には、とても孫悟空に見えなかったのですが、お寺を守るための神様として祭られていました。

そんな楽しいタイ旅行、トイレは、こんなです。

004

左に見えるピストルホースと右に見えるゴミ箱は標準品です。

タイの人たちは、ピストルホースでお尻を洗い、トイレットペーパーでお尻を拭き、拭き終わった紙はゴミ箱に捨てます。

日本と違い、排水設備が悪く、紙が流せないそうです。

005

このピストル、なかなか操作が難しく、用を足した後、何度か挑戦しましたが、背中までびちゃびちゃになり困りました。

ぜひタイにお越しの際は、挑戦してみてください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧