松藻須香羅部

まつもすからべ

2019年3月26日 (火)

情報を持っているのは誰

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。

先日、お風呂のシャワーホースにつている回転ホース金具の
後端から、水漏れが発生しているのを発見しました。シャワ
ーヘッドを取り外し、回転ホース金具をスライドしてみると、
Uパッキンが使用されておりましたので、Uパッキンを交換
すべく、ネットで必要なサイズのUパッキンの情報を収集し
ました。

すると、Uパッキン単体とUパッキンを含む数種類のパッキ
ンがパックされた商品が存在し、どちらの商品も通販サイト
では送料の方が高くなってしまう状況でしたので、近くのホ
ームセンターさんをあたってみようということにしました。

もちろん、ネットという便利なツールがありますので、おも
だったホームセンターさんの通販サイトでおおよその情報は
収集しました。最近のホームセンターさんは一般的な商材の
他にPRO用の商材を取り扱っていることもあるので、その
両方の情報を収集したところ、数種類のパッキンがパックさ
れた商品はおおよそ一般的に取り扱いがあるというように見
えたので、早速、ホームセンターさんに向かいました。

ホームセンターさんに到着し、水栓機器まわりの部品コーナ
ーをざっと見回しても見つけることができませんでしたので、
スタッフの方を見つけて尋ねてみると、そもそもシャワーホ
ースにUパッキンは使用されていないですよとの回答。

アレッ、自宅の実物を確認してUパッキンが使われているか
ら探しに来たのに?

せっかく来たので、さらに数種類のパッキンがパックされた
商品の中にUパッキンが入っているパッケージはありません
かと尋ねましたが、調べていただけず、ありませんとの回答。

アレッ、水栓機器メーカーさんのサイトでは確認できるのに?

せっかく足を運んだので、系列のPRO用の商品を取り扱う
店舗にはありますかね?とお尋ねすると、こちらも問い合わ
せすることもなくわかりませんとの回答。

あまり商品知識のない方なのかな~と諦めて、PRO用の商
品を取り扱う店舗に向かいました。
Uパッキン単体の取り扱いはありませんでしたが、数種類の
パッキンがパックされた商品があり、シャワーホースからの
水漏れは解消しました。

WEB上の情報が全て正しいということはありませんが、最
近は一定程度の情報を収集できてしまいますので、そのあた
りにも気配りが必要かもしれませんね。

自戒の念を込めまして。
ゆけゆけ!トイレ診断士たち。

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

◯◯ると、性格が変わる!?。

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。
先日、トイレ診断士の講師も務める厠堂籐蔦さんを講師に迎
え、危険運転と風評被害というテーマでお話をしていただき
ました。


さすがトイレ診断士の講師です。とてもわかり易く、法の視
点から危険運転に該当する行為とは何か。風評被害について
は、現代のネット社会における情報の拡散、立場の違いによ
る映像編集を含む情報の取扱われ方などについて、知識を得
ることが出来ました。


講義の合間、どなたかがハンドルを握ると性格が変わる人が
いるんだよね~。とよく耳にする言葉を解き放ちました。須
香羅部はある時から、この表現はしっくりこないなぁと思っ
ています。


「ハンドルを握ると性格が出る」というほうが自然な印象で
す。もともと持っていた性格が与えられた道具によって、現
れるのです。


普段、優しそうな人が与えられた道具によって、豹変するの
で、性格が変わるという表現が用いられたと推察しますが、
「性格が出る」と理解するほうが良いかもしれませんね。


道具は正しく使えばとても便利ですが、どんなに安全だと思
われている道具も使い方次第なのです。

仕事に追われているとついついということは、須香羅部自身
も身に覚えがあります。仕事には大切な時間という条件の制
約があり、守ることは大切ですが、第一義ではありません。


また、性格が出るという事を、明日から出ないようにする方
法も無いに等しいでしょう。


その人にとってやり方は様々でしょうが、安全に使わないと
気がすまないように習慣化(毎朝、顔を洗い、歯を磨くよう
に)してしまうのが、遠いようで近道のような気がします。


Shindankigurui

トイレ診断士も様々な診断ツールを駆使し、診断を行います
ので「ご安全に」を合言葉に。


ゆけゆけ!トイレ診断士たち。

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

お世話になっております。トイレ様。

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。
平成に幕が下りようとしている今、ブログの冒頭を「お元気
様です」と、始められることに感謝いたします。

今年も1年、色々な方々にお世話になった須香羅部ですが、
例に漏れずトイレにもお世話になりました。脊髄狭窄の関係
で健康な人よりもお小水の間隔が短いことに加えて、抑制が
できにくくなっているので、必然的にトイレにお世話になる回
数が多くなります。加えて、加齢の影響も多分にもあると思
いますが・・・。

須香羅部ほどではないにせよ、ブログをお読みの皆様も必
ずやトイレにはお世話になっていると思います。すでに年末
のメンテナンスを済まされている方もおられると思いますが、
まだの方は今年1年の感謝を込めて、より丁寧にトイレの
メンテナンスをされてはいかがでしょうか。

Souji_2

普段からこまめにメンテナンスをされている方は、普段以外
の場所も含めて。最近、ちょっとさぼってしまったなという方
は、汚れもたまり気味だと思いますので、時間をかけてしっ
かりと。
一般のご家庭にも普段からの予防的発想のメンテナンスを
実施しているかいないかの差が出てまいりますね。

何れにせよ、きれいなトイレで新しい年を迎えられると気持
ちが良いものです。
まだ、3日ありますので間に合います。
さあ、ブラシと洗剤とウエスを手にとって。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

三歳児と五歳児の違い

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。

最近読んだ本に掲載されていた認知科学に関する実験が興味
深かったので、紹介したいと思います。

実験は次のように行われる。

箱Aと箱Bが置かれた舞台を三歳児と五歳児に見せる。そこに
お姉さんがやってきて、箱Aに人形を入れ、蓋をして舞台から去
ってしまう。

次にお母さんが登場し、箱Aに入っている人形を箱Bに移し、蓋
をして、舞台から去ってしまう。次にお姉さんが舞台に再登場。

そこで研究者が舞台を見ている三歳児と五歳児にこんな質問を
する。

お姉さんは箱Aと箱B、どちらを開けるでしょう?

三歳児は箱Bと答える。なぜなら三歳児は自分の知識が全てで
あるので、お姉さんは箱Bを開けると思ってしまう。
対して、五歳児は箱Aを開けると答える。なぜならお母さんが人
形を箱Bに移したことをお姉さんは見ていないから、元の箱Aに
人形が入っていると思っているに違いないと思うからだそうです。

ここでわかることは、五歳児はお姉さんの立場に立つことができ
ているということ。つまり「自分がお姉さんだったら」と自分をお姉
さんとを交換して考えることができるのがわかります。

3saito5sai

この記事を投稿したのは、前回投稿記事の続きとして。

トイレ診断士の呂宋壺乃坂さんより依頼を受け、多目的トイレ内
に設置されたオムツ交換台を利用された後にテーブルパネルを
閉めない利用者の方がおり、テーブルパネルが開いたままだと
車椅子がトイレに入ることができないので、オムツ交換台使用後
は、テーブルパネルを閉めるように啓発するポスターを作成しま
した。

おむつ交換をする側は、とうに大人のはずで、テーブルパネルが
開いたままでは、車椅子利用者が困ることは容易に想像ができ
そうなのですが、そこに思いが至らない。おむつ交換を含むお世
話が大変で手一杯なのかもしれませんが、五歳児でも立場を交
換して考えることができるのに・・・。

所有する者、メンテナンスを行う者、利用する者、トイレに関わる
ものすべての者が配慮することで、快適の上層にある素敵なトイ
レとなるでしょう。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (4)

2018年10月 2日 (火)

取扱説明書

秋を通り越して冬がやってきそうなこの頃ですが、松藻須香
羅部(まつもつからべ)は、高知県がご実家の和志貴洗浄
(わしきせんじょう)さんから届く季節の便りや、お墓参りの
帰りに立ち寄った直売所での梨の美味しさに横方向の成長
が止まりません。

そんな中、北陸通信から東海通信へと異動されたトイレ診断
士の呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)さんより、お願い事が
届きました。

その内容は、多目的トイレ内に設置されたオムツ交換台を
利用された後にテーブルパネルを閉めないまま出ていって
しまう方がおり、車いすを利用される方がトイレ内に入れな
い状況が発生しているので、テーブルパネル開けっ放し防
止の啓発掲示物を作って欲しいという依頼でした。

作成にあたって、いろいろと現場の状況や要望をお聞きし
ている中に、製品には通常の取扱説明書はあるけれど、
こういったものが無いんだよね。という言葉が気になりました。

確かに安全に使うための正しい方法については、禁止事
項から始まり、事細かに記載があるのにそういった事が無
いことにあらためて気付かされました。

マナーと言ってしまえばそれまでですが、、現場では困られ
ている方がいるというのは事実なのです。
こんな事を管理される方から聞いたり、発見したりできるの
も、定期的に巡回し、お顔ならびにトイレを拝見しているか
らでしょう。

Omutsukoukan

このブログを書いている段階では、まだ、案の段階ですが、
OKをいただけるように頑張ります。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (2)

2018年8月18日 (土)

みえるとかみえないとか

お元気様です。なんちゃって絵本作家を目指している(うそ)
松藻須香羅部(まつもつからべ)です。

先日、大ファンの絵本作家「ヨシタケ シンスケ」さんの「み
えるとかみえないとか」という題名の絵本を購入しました。
とてもデリケートなテーマ(目が見える、見えない)を扱っ
ている絵本です。

そんなテーマでありながら、主人公が宇宙を舞台に様々な
個性を持った宇宙人との交流を交えて、その「違いを互い
に面白がる(悪い意味ではなく)」という趣旨の絵本です。

普通とは立場や時代背景などが変われば変わる。ものさし
もところにより変わり、ひとつのものさしが全てではない。言
葉にすればその意味は、もやーんとしながらもなんとなく、
理解はできる。
そのもやーんとした感じをいつもの「優しいタッチ」で「明快
に切り出して」いる。

この作品ができるまでには、相当、裏側でプロットが練り込
まれているのであろうことが容易に想像できた。
なにかを創り上げるというのは、そういう苦しみ(楽しみ)と
セットなのだ。
Monosashi
さて、トイレ診断に目を移そう。
トイレ診断書に記載されることは、良いことも悪いことも事実
そのものであるのは間違いないのですが、受け取る側の気
持ちの位置によっては、査察!?、チクリ!?というような
印象を与えてしまうこともあります。

利用する方も含め、その施設のトイレを取り巻く方たちが少
しでも快適に過ごせるようにと、トイレを維持管理する同じチ
ームとして取り組んでいるという事のものさし合わせをどの
ようにしていくのかが鍵となりそうですね。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

トイトレ

梅雨明けが6月にきてしまった関東甲信。2018年も半分
が経過し、暑い夏がやってまいりますが皆様、熱中症対策
の準備はいかがでしょうか。

トイトレ。
最近、このワードに敏感な松藻須香羅部(まつもつからべ)
です。
そう、幼児のトイレットトレーニング。自分の意志で一般の
トイレで排泄ができるようになる訓練であり躾であります。

すからべJrもトイトレを始める時期が来たのだろうか?
う~ん。いつ頃から始めるのが良いのかがよくわからない。
今の世の中、情報は集めやすいので、いろいろと調べては
みたものの当たり前だが、幼児の成長にはずいぶんと個
人差があり、適切な開始時期ははっきりしない。ということ
がわかった。

自分自身でその時分の記憶があれば、何が良かったのか、
悪かったのかということもなんとなく想像ができようが、どう
やってできるようになったのか全く記憶が無い。自身の親や
も含めて、世の親御さんは、その度にもどかしさを感じてい
たのに違いない。

さて、我が家でもそろそろ始めようかと、おまるではなく補
助便座なるものを購入した。
※大人用の便座の上に幼児用の小さな便座を設置して、
小さなお尻が落ちないようにするためのものである。

Hojyobenza

購入前から、少しずつ大人が用を足す姿を一緒にトイレに
入って、見せてはいるものの大きな穴の上に座ることを怖
がらないだろうか。上手に力むことができるだろうか。など
と想像だけが頭をよぎる。

人それぞれ差があって然りということを念頭において、焦
らず、ゆっくり参ろうと頭では思うのだが、はてさて。
出来る、出来ないということもありますが、まずは、お掃除
をしてくれる人に感謝し、次の人のためにきれいに使うと
いう気持ちを持つことができる人になってくれるよう、頑張
ってみよう。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

トイレ診断報告

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。

先日、商業施設の中にある早い、うまい、安いと噂の散髪屋
さんに行ってまいりました。
お店の開店前に到着。5分ほど待って、開店と同時に15名
ほどでしょうか散髪屋さんの店先に並び入店。店内の待合席
に腰掛けました。

店先に並んでいる時に60も後半であろう紳士が奥様だと思
いますが、連れ立って私の前に居りました。奥様の紳士を支
える手がとても優しく、力強く感じた時に奥様が紳士に話しか
ける言葉がなんとなく聞こえてきました。

紳士はコミュニケーションがうまくとれないように見て取れ、
奥様が付き添いをしているという状況であることがわかりまし
た。
紳士が店内の待合席に座ると、奥様は順番が来る頃にまた
来ますと言い残し、店を出ました。紳士は前の人の散髪が終
わる毎に他の人と同様にひとつずつ席を詰めて行きました。

すからべの前の待っている方が半分ほどになった頃でしょう
か、奥様が戻られ紳士の隣に座ると「店内は混み合っており
ますので、ご家族の方は外の席でお待ちください。」と、その
お店の責任者らしき方がお客様の髪を切りながら、奥様に声
を掛けました。

Houkokusyo

あれれ、なんか少し冷たい印象。ベターな対応はいろいろあ
るとして、すからべの感覚としては、奥様は髪を切らないけれ
ども、その紳士と来店されたお客様だと思うのですが・・・。
奥様は店の外で待ち、紳士の順番が来ると担当する美容師
の方にひとことふたこと伝え、店の外に出て散髪が終わるの
を待って、二人連れだって帰っていきました。

私達、トイレ診断士も良くない診断結果をきちんとお伝えしな
くてはならない場面がたくさんあります。予防型のメンテナンス
を実施する前の最初の診断の時、予防型のメンテナンスを採
用いただき、毎月の定期メンテナンスの時。

次月から持ち越しの未改善箇所は改善されるまで、伝えつづ
けなくてはなりません。もちろん、必ず良い点を見つけ出し、伝
えるようにしております。やはりそこには想いがのっていないと
いけませんね。
自戒の念を込めて。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

プリンと診断報告書

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。

先日、1歳半になる息子のために優しい甘さのてんさい糖を
使ったトロトロプリン作りに挑戦した。

1回目:目指したトロトロ食感にはならず「す」ができた。
2回目:トロトロ食感にはなったが、少しだけ「す」ができた。
多分、お菓子作りにおいては基本中の基本なのでしょうが、
どうも火加減がうまくいかず、見映えが悪くなってしまう。

味は悪くない(手前味噌)のだろう、どちらも美味しそうに食
べてくれるのは嬉しいが、すからべ父さんは納得がいかな
いのである。
また、週末に挑戦してみるとするか。
Pudding
さて、加減といえばトイレ診断士が診断後にクライアントに
提出する診断報告書。
そのトイレの適不適を総合的に判断し、事実を事実として
情報を提供するのですが、そのことが目的なのではありま
せん。

そのトイレが適正になることこそが目的なのです。そうなる
と、伝える相手に不適な箇所について修繕しようという気持
ちを想起させるという書き加減。

こちらは火加減と違い、人であるが故になかなか難しい課題
も多いことであろう。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2018年3月 6日 (火)

車の点検整備とトイレの点検整備の違い

お元気様です。松藻須香羅部(まつもつからべ)です。

先日、ディーラーの予約センターの方より、愛車の定期点検
の時期が近づいてまいりましたが、ご都合がよろしい日はご
ざいますか、とのお電話をいただきました。都合の良い日を
お伝えした後、何か気になっている所はございますかと聞か
れましたが、その時は特にありませんでしたので、そのまま
お答えして、電話を切りました。

点検までの間に車を運転する機会があり、予約センターの方
の「何か気になる所はございませんか」という言葉と、せっ
かく点検を受けるのだから、きちんと診てもらおうという心
理が働いたのでしょう。

助手席のダッシュボードあたりから「ビリビリ」と振動音の
ような音が聞こえているのに気が付き、先方も通常の整備と
は別の要求については、準備もあるのかもしれないと思い、
予めそのことを伝えておき、点検の当日を迎えました。

整備の方が通常の点検とは別に1時間ほどかけて診てくれま
したが、原因は特定できませんでした。その日は一旦帰って
代車が用意できる日にあらためてディーラーに一週間ほど愛
車を預けました。


Kuruma_3

その時に用意いただいた代車が2ボックスの4ドア車。普段
乗っているのは、1ボックスのスライドア車。

代車はとても狭かったので、少々使い勝手に不自由を感じま
したが、快適ではないが使えないということでありませんで
した。

こんな体験をして、このことをトイレにあてはめて考えてみ
ました。トイレの付加機能ならまだしも、基本機能について
は、そもそも代車というしくみを採用できませんので、使え
ないととたんに困るという状況が発生いたします。

そんな状況がひとつでも少なくなるように。

ゆけゆけ、トイレ診断士達!!

追伸

愛車のビリビリ音は、整備の方の努力によりすっかり直りま
した。ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧