松藻須香羅部

まつもすからべ

2021年9月16日 (木)

いつもと違う夏

お元気様です。松藻須香羅部(まつもすからべ)です。
時にはトイレではない内容もということで・・・。

いつもお世話になっている大先輩に言われてはじめて気がつ
いたのですが、夏の初め、例年は大合唱が始まっても良い時
期でしたが、セミの鳴き声が聞こえなかったのです。

しかし、夏も中盤を迎えると色々なセミ(地元ではクマゼミ
ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ)の
大合唱となりました。
ただ、子供の頃にいたニイニイゼミは、もう見かけることあ
りませんね。

そして、今年は飛翔しているヤマトタマムシを2回ほど確認
できました。
気候変動の兆候なのでしょうか。不安材料でなければ良いの
ですが・・・。

また、こんなことも。
夏になると息子を連れて、水遊びをするために通っている河
原のある公園。
上流にはダムがあるので、少々の雨の後でも遊ぶことができ
ましたが、今年の雨の後は、ダムは放流しっぱなしで下流は
濁流となっていて、公園駐車場のフェンスも閉まり、利用不
可となっていました。
おかげさまで公園近くの美味しいパン屋さんに出会えました
けれど。

仕方がないので自宅の車庫にプールを引っ張り出して、水風
船で遊んだら、息子も満足してくれたようです。

そして、須香羅部の投稿では珍しい写真となります。
息子に生きているヤマトタマムシを見せることはできません
でしたが、公園で短い命を全うしたヤマトタマムシを発見し
て、キラキラできれいだね~と喜んでくれました。

Yamatotamamushi 
トイレ診断士は、トイレの些細な変化には気づくことができ
ます。
行け行け!トイレ診断士達。

| | コメント (0)

2021年7月31日 (土)

わかり易く

お元気様です。松藻須香羅部(まつもすからべ)です。

コロナ禍で一時期は消毒用アルコールの調達が難しくなり、
最近では半導体の品薄の影響でしょうか、部品として半導体
を利用しているパソコンをはじめ、非接触で手を洗うことが
できるト自動水栓なども影響を受けています。

そんな中、アウトドア用品も品薄のようですが、こちらは思
うように出かけられない状況下で需要が多くなってきた影響
なのでしょうか。

須香羅部も以前はツーバーナーを所有しておりましたが、使
用する機会も減り、随分前に処分いたしました。
でもやっぱり、道具好きな性分なのでしょうか、最近のキャ
ンプブームに乗っかって、2ヶ月待ちでコンパクトなシング
ルバーナーを入手いたしました。

20210731camp


早速、テスト点火を行った後、やけど防止用のカスタムを施
し、これで息子と一緒に外で、熱々の食事ができるぞぉーと
喜んだのも束の間、リコールでございます。

仕方なく、返送の手続きを開始したものの、メーカーのウェ
ブサイトに情報を登録しても一向に認証が進まないのです。
おかしいなぁ。正しく情報を登録しているはずなのに・・。
でも、デジタルなので、こちら側が何か入力のルールに合わ
ないことをしているのだろうと画面の隅から隅まで、見回す
こと数十秒・・・。

あった!
数字の入力ルールがその項目によって違っていて、その入力
例の書き方がわかりにくかったのです。
ルール通りに入力するとすんなり、認証が通りました。
入力する欄の近くに入力例があれば発見しやすかったと思う
のですが、思い込みも良くないですね。

メーカーの皆様の努力と配慮により、夏休み前に対策品が無
事に到着いたしました。ありがとうございました。

私たちトイレ診断士も診断結果を如何にわかり易くクライア
ントにお伝えするか、日々、研鑽を重ねております。
わかり易くお伝えすることで、それが改善へとつながり、快
適なトイレが一つひとつ増えていくのである。

ゆけ!ゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

変えずに、変わり続けること。

お元気様です。松藻須香羅部(まつもすからべ)です。

横浜で創業した老舗パン屋さんの大好きなアップルパイの味
が変わってしまったようで、残念な気持ちになりました。
本場のアップルパイの味はわかりませんが、そのアップルパ
イは巷にあふれる甘いだけのものとは違い、シナモンがパキ
ッ!ときいたシャープなものでした。

20210611

とは言いつつも、ヘビーローテーションしていたわけでもな
く、暫くはいただいていなかったのですが、つい最近別件で
訪れた商業施設内の店舗で購入。自宅に戻ってからいただい
たのですが、須香羅部自身の体調のせいなのか、舌の記憶と
違って、なんだか甘ったるい印象なのです。ひょっとしてレ
シピが変わったのか!?シナモンの香りはあるのですが、パ
キッ!としていないのです。

舌の記憶とはいいながら、味には香りの要素やその日の体調
も大きく影響することや、時代や世代のニーズに合わせて色
々と変化を加えているのかもしれません。

皆さんはトイレの香りという言葉でどんな香りを思い浮かべ
ますでしょうか?
トイレの芳香剤が市場に現れた頃のあの香りでしょうか。こ
れは、世代や周辺の環境で人により様々でしょう。

トイレの設備や機器が正常に稼働し、使用時に発生するニオ
イの原因物質などが無ければトイレは無臭となります。しか
しながら、トイレは汚れる場所ですので、設備や機器を正常
に稼働させたうえで、利用中の臭気などを抑えるための消臭
が必要な場合もあるでしょう。

個人的には無臭で良いと思いますが、ほんの少しの香りであ
れば憩いの空間としてのトイレは成り立つでしょう。
上述のように、その日の気分や体調で感じ方が変わってきた
り、天候や温度などでも香りの広がり方や強弱にも変化がみ
られるので、不特定多数が利用する公共性の高いトイレでは
微香であっても、万人に受入れられる種類を選択するのはな
かなか難度が高くなりますね。

トイレ診断士も日々、新しい診断機器導入や独自の評価制度
の構築を目指しながら診断精度を高め、時代のニーズに対応
できるように研鑽を重ねております。
トイレでお困りの際は是非、お近くのトイレ診断士へご相談
いただければ幸いです。

ゆけ!ゆけ!トイレ診断士達!

出かけられるようになったら、本店のアップルパイを試して
みようかな。

| | コメント (0)

2021年4月29日 (木)

プチ断食は継続できているが、出るものに変化が・・・。

お元気様です。松藻須香羅部(まつもすからべ)です。

当たり前といえば当たり前なのですが、いやーやっぱり、入
れるものと出るものはしっかり関係しておりますね。
週末の16時間ほどのプチ断食を繰り返すこと数回。プチ断
食自体には慣れてきて、心地よい空腹感を味わいながら、3
kg弱ほどの減量に成功。

目標まではあと4Kg強ありますが、体が少しずつ軽くなっ
ているのを感じ、脊椎管狭窄症で痺れている下肢への負担も
多少なりとも減っている印象です。

だた、お通じに変化が出てきました。今まで、スルスルと出
ていたものが少し硬くなってきました。総量としての水分が
足りないのでしょうか。
目標の体重までプチ断食は続けるつもりですが、食事からの
水分が減ったと想定し、水分を多く摂るようにすると、普段
出るものに近づいてまいりました。

Puchidanjiki

そういえば、随分と前のことですが、私がまだ外回りをして
いたころ、病院のトイレをメンテナンスしている際に気がつ
いたことがありました。

それは、外来の男性小便器と入院されている方の病棟の男性
用小便器の汚れの色や形状が違うのです。

外来の小便器は一般の汚れと大きな違いはなく、アイボリー
から褐色のような固めの汚れなのですが、抗生物質を飲まれ
ている方のいる病棟では黒っぽい藻の様なものから半透明の
ゆらゆらしたものまでありました。

よくよく調べてみると真菌類(カビ)でした。インプットと
アウトプットの関係がここにも見られました。

トイレの中は通常の場所と違い、さまざまの汚れが発生しま
すし、設備機器も多岐にわたります。また、昨今は衛生性の
ニーズが高まりを見せておりまので、更にメンテナンスを行
うには難度が高い場所となってまいりました。

トイレ診断士は、進化するトイレ環境に対応していかなくて
はなりません。

ゆけ!ゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

結局、腹八分と運動らしい

お元気様です。松藻須香羅部(まつもすからべ)です。

長男が生まれる1日前の2016年10月3日、オートファ
ジーという飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を食べ
て栄養源にする自食作用の仕組みを東京工業大の大隅良典栄
誉教授が解明。

Autophagy

ノーベル生理学・医学賞を受賞されましたが、私にとっての
大きな出来事は、長男の誕生でした。

でも、このオートファジー、興味をもっていろいろと調べて
みると健康や寿命に大きく関係しているようで、もうちょっ
と頑張らないといけないお父さんとしては、とても気になり
だしましてね。

当然、難しい理論などはわかるはずもなく、結論として、タ
イトル通り、腹八分と一定程度の運動であることはわかりま
した。

どうやら細胞の新陳代謝や細胞内の有害物質の除去に関わっ
ているようで、極端な断食は良くないのですが、活性化する
のが飢餓状態らしいのです。

早速、週末の夕食を早めに済ませ、就寝し、翌日の昼食まで
約16時間のプチ断食を2日ほど実施したところ、ちゃんと
空腹感を実感(普段どれだけ食べているのやら)でき、脊柱
管狭窄症による腰の痛みはさほど変わりませんでしたが、下
肢のしびれは弱くなった印象でした。

毎日毎日、細胞の恒常性を保つために私たちの体の中ではい
ろいろなことが起き、健康が保たれていることを改めて認識
したところです。

トイレも日々のメンテナンスが衛生を保つために必要で、時
には普段見えないところもきちんと確認しなくてはなりませ
ん。その積み重ねが、いつでも快適に使えることに繋がって
います。

そして、予防的にメンテナンスを行うことで、機器や設備が
長持ちするようになるでしょう。

ゆけ!ゆけ!トイレ診断士達。

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

脳は年齢を重ねても成長できるらしい

お元気様です。松藻須香羅部(まつもすからべ)です。

ものの本によれば、脳は年齢を重ねても、いくつかの条件に
よってその成長を止めることなく、活性化することがわかっ
てきたらしい。一連の研究は認知症の予防という視点から行
われ、いくつかのことが発見されているとのこと。

基本的には「運動」「好奇心」「コミュニケーション」とい
うところが、キーワードとなるようです。

運動といってもハードなものではなく、いわゆる有酸素運動
で良く、わくわく、ドキドキ、生き生きと取り組める趣味な
どが好奇心といったところでしょうか。また、古代ギリシャ
の哲学者アリストテレスが「人間は社会的な動物である」と
言ったように、何らかの社会的なコミュニケーションが脳を
活性化させる要因としてあるようです。

また、「誰かの役に立っているという実感」が強い人ほど脳
が衰えないことがわかってきているようです。役に立ってい
るという実感があるというのは気分が良いし、それは幸福感
とでも表現するのが近いのでしょうか。

実感というところの幸福感ですので、年収が高いとか地位が
高いとかということではなく、主観的に感じる幸福感が大切
なようです。
Nounenrei

トイレ診断士に尋ねると、私たちの仕事はお客様に感謝の言
葉をかけていただくことが多いと聴きました。
困りごとの解決もそうでしょうし、汚いところをサポートし
てくれ、普段気づかない箇所まで目を配ってくれる。

時には、お客様を訪ねたお客様に褒められることもあるとか。
トイレ診断士の脳は、衰え知らずですね。

ゆけゆけ!トイレ診断士達。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

松ぼっくり

お元気様です。早くも米ぬか漬け卒業して、より簡単に米ぬ
かの栄養を摂取できる「そのまま食べる米ぬか」へと移行し
た松藻須香羅部(まつもすからべ)です。

先日、息子の通う幼稚園でどんぐりや松ぼっくりを使った工
作を行うので、集めていますとの知らせを妻から聞き、工作
を行う日までに、集めようと活動をはじめました。

細長いどんぐりは近くの公園でたくさん集めることができま
したが、丸いどんぐりと松ぼっくりがなかなか見つかりませ
んでした。
須香羅部が子供の頃は、たくさんありすぎて見向きもしなか
ったように記憶していたのですが、家の周辺では見つかりま
せんでした。

今は便利な時代です。ネットで検索すると横浜市内にもいく
つか候補地が見つかり、2か所を絞り込み捜索へ出発!!
ところが、時期(10月中頃)が早かったのか松の木にある
のはあるのですが、落ちているものは2個ほどでした。

もう1カ所に至っては、まったく落ちてはいませんでした。
この日から週末は、この2か所を回って確認するも落ちてい
る松ぼっくりはないので、少し遠く(車で40分ほど)の公
園に行ってみることにしました。
Photo_20201204154401
そこでは丸いどんぐりがたくさん見つかりましたが、松ぼっ
くりが見つかりません。

たまたま公園を清掃されていた方に尋ねると、「あるよ」と
ばかりの笑顔でちょっと待っててねと言って、公園内の詰所
のような建物に向かっていかれました。

しばらくして戻られ、コンビニの袋いっぱいの松ぼっくりを
いただくことができました。見慣れた松ぼっくりに加えて、
ドイツ産の小さめのトウモロコシのような長さの松ぼっくり
(ドイツトウヒ)もいただきました。

その方は、この松ぼっくりの樹は、昨年、雷に打たれ、これ
が最後だろうといわれていました。

お陰様で、何とか園の工作日に間に合いました。

公園もトイレもきちんと管理する方が居られるから、いつ行
っても気持ちよく過ごすことができます。

我々トイレ診断士も頑張らねば!!

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

ぬか漬け

お元気様です。この秋、ぬか漬け1年生となった松藻須香羅部
(まつもすからべ)です。

ぬか漬けは、江戸時代初期頃に現在のぬか漬けに近い漬けもの
が作られるようになったといわれており、同時期に白米が普及
し始めた背景の中、もみを精米するときに必ず出る米ぬかを漬
け床として使うようになったといわれているようです。

江戸時代にはビタミン欠乏症が原因で起こる脚気(かっけ)と
いう病気が流行し、ぬかにはたくさんのビタミンB1が含まれ
ていることから、ぬか漬けを食べることで脚気予防の一助にな
ったともいわれています。
Nukazuke
ぬか漬けとはいっても、自らがそれぞれの材料を単体で準備し
て、ぬか床を作ったわけではなく、ある企業さんのぬか床パッ
クを購入し、自身が追加したのは味をまろやかにするといわれ
ている昆布と干しシイタケのみ。

松藻家には、母が守っているぬか床があるのですが、欲しい時
にすぐに頂きたい性分の須香羅部としては、自身が自由にでき
るぬか床がずっと欲しかったのです。

通常のぬか床は、毎日かき混ぜる必要があるとよく耳にします
が、ずぼらな須香羅部には、毎日は無理!
という事で、1週間に1回かき混ぜれば良いというぬか床パッ
クを購入し、塩分の摂りすぎには注意ですが、体に良いとされ
るぬかを使ったぬか漬けライフを始めました。

ぬか漬けライフが継続できるようになってきたら、単品で材料
を準備して、オリジナルのぬか床に挑戦しようと思います。

ところで、毎日のメンテナンスといえばトイレのメンテナンス
ですが、食べるのは少々我慢できても、排泄の我慢は難しいで
すし、健康を害する可能性が非常に高いです。

トイレのメンテナンスは、ぬか漬けパックのように、1週間に
一度という訳にはいきませんので、毎日実施して、快適なトイ
レで気持ちよく一日を過ごしたいですね。

ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

歯科通院継続中!

お元気様です。松藻須香羅部(まつもすからべ)です。

お陰様で、ひと通りの治療は終わり定期健診のステップへ移
行した歯科通院。本人なりに一生懸命磨いているのですが、
磨き残しがあるようで、ツールも含めて指導していただきま
した。

日常的なメンテナンスの指導をしていただけるあたりは、
1級トイレ診断士が行うトイレクリーンマイスター研修
(TCM)の、歯科医院版の印象ですね。

須香羅部の歯並びはとても良い状態とは言えず、また、親知
らずの頭が出かかっているところもあり、複雑な形状をして
いるので、通常の歯ブラシでは磨き残しや汚れがたまりやす
いとのこと。

そこで、歯科衛生士のお姉さんに2つほど歯磨き道具をご紹
介いただきました。
ひとつは歯間ブラシで、編み込んだ針金に樹脂のブラシが編
み込まれている物。もうひとつは言葉では表しにくいので、
イラストで紹介しますが、とてもヘッドの小さなブラシで、
タフトブラシと呼ばれているものです。

Hamigakitool

通常の歯ブラシに加えて、2つのツールを使い分けないとな
りませんが、口の中も予防メンテナンスが大切です。

診断士の方たちもたくさんの診断ツールを用意して、状況に
応じて使い分け、可能な限りわかり易く見えるように診断結
果を表現されるのでしょう。
特にニオイは、機械のセンサーと人間の嗅覚センサーとでは
違うと思いますので、工夫のしどころでしょう。

診断結果が出た後のハード的な課題解決については、トイレ
診断とは別の技能となりますが、こちらも様々なツールを駆
使するのでしょう。

いつかどこかで、ご紹介できる機会があるといいですね。
ゆけゆけ!トイレ診断士達!

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

慣れと習熟は違う

お元気様です。松藻須香羅部(まつもすからべ)です。

我が家では、3日に一度のペースで自家製食パンを作ってい
ます。とはいってもこねたり、発酵したり、焼いてくれるの
はホームベーカリーなので、須香羅部は適切な材料を正しい
分量用意し、機械に正しくセッティングすればよいだけです
が・・・。

さすがに、回数を重ねると正しい分量も小数点以下第一位ま
で記憶し、洗い物も最小限になるように、どの順番に材料を
入れていくと効率が良いのかなど、車の運転と同じように、
体が動いてくれるようになってきました。

Photo_20200716112601

ただ、車の運転も慣れてきた頃が一番危ないといわれるよう
に、分量も順番も頭に入っているので、その作業を行うこと
自体は問題ないのですが、少々雑になることがあります。

例えばこんなことです。
分量が目的の数値に近づいてきたときに、足していく量を少
しずつ少なくしていくように気を付けているのですが、時に
ザザッと余分な量が入ってしまいます。作り始めたころには
ないことでした。

これは習熟ではなく、明らかに惰性により体が動いているだ
けで、頭は働かず、そこには意志を伴った思考ありません。

ここで予防型のトイレメンテナンスに目を向けてみると、日
々、たくさんのトイレと向き合うトイレ診断士達。いつの間
にか、上述のような感覚に陥っていることもあるかもしれま
せん。

時々、俯瞰で確認してみるのも良いでしょう。

変化をキャッチするアンテナを張り巡らし、トラブルの予兆
をいち早く発見。大事に至らないよう・・・。

行け行け!トイレ診断士たち!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧