呂宋壺乃坂

るそんつぼのさか

2020年11月12日 (木)

東海通信 ~ 野球はナマだ! ~

みなさんこんにちは。

ナゴヤの呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

今シーズン最初でおそらく最後の野球観戦に行って参りました。

ドベゴンズ黄金期のエース、吉見一起の引退試合です。

Photo_20201107115301

コロナもやや落ち着いてきたので

観客は総席数の約半分、16,507人まで入場出来たようです。

入口ゲートでは六人を二列に並べて

まるで集合写真のようにサクサク検温したり、

試合終了後もブロックごとに時差で帰らせたり、

主催者の手際の良さが目を引きました。

Photo_20201107115302

声を出して応援出来ないのはもどかしいですが、

前後左右の席が空けられており、広々と気分良く観戦できます。

試合終了後は、本拠地最後の日と言うことで

華やかなチアドラによる鬼滅の刃ショーや

チーム全員整列しての与田監督からの挨拶があり、

続いて吉見投手、感動の引退セレモニーへと続きました。

対戦相手のヤクルトファンも席を立たずに

最後まで温かい拍手を贈ってくれました。

Photo_20201107115303

ありとあらゆる映像を手に入れることが可能な今の時代。

ライブを配信ではなくナマで観る、リアルタイムで味わう、ってのはやっぱり貴重ですね。

来シーズンこそは

優勝の瞬間を、もちろんナマで目に焼き付けたいと願っています。

 

 

プハ~、美味しいビールでしたわ。

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

東海通信 ~ 小銭ザーッ! ~

どこの店にも一人はいるのではないだろうか。

なぜかそこだけ人気なレジの人。

私がよく利用するスーパーマーケットにも、Fさんと言う女性店員がいる。

もしかしたら60代、ごく普通の方だ。

 

会計の際、常連と思しき客の多くは当たり前のように彼女を探す。

そしていなければ、仕方なく他のレジに並ぶ。私もその一人だ。

分析してみる。

1.感じがいい。

2.テキパキしている。

3.安心感がある。

決して過剰なサービスをしているわけではなく、おしゃべりも一切しない。

必要かつ十分な接客を、自然な笑みの中で、なめらかにサっと済ます、だけ。

 

そんな彼女、コロナ禍に独自の工夫を始めた。

釣銭を渡す際に、「受け取っていただけますか?」と断りを入れてから

トレーを傾けて小銭をザーッ!と客の手のひらに流し込むのだ。

これを、水をすくうように両手で受け取る。

札の場合も同じ。先ずは大きなお金を、と言って

トレーに少しはみ出させた状態(掴みやすいように)で渡し、

客側の準備が整ったところで・・・小銭ザーッ!だ。速い速い。

ありがちな、

硬貨をなかなか掴むことが出来なくて前が詰まってしまう光景は

彼女の列には、ない。

だからFさんの列は長いけれど、面白いように他のレジ待ち客を追い抜いていく。

 

一度、後ろに誰も並んでいない時を見計らって声を掛けた。

「この渡し方、文句言われたことはありませんか?」

ないと言う。

「店長さんは知っていますか?」「さあ、わかりません」

この間も彼女はずっと笑みをたたえている。

泰然自若なのである。

私は投げかけた愚問を言い訳するように

「密を作らない素晴らしい工夫だと思います」とだけ伝えて店を出た。

 

明日からもきっとFさんのレジに並ぶだろう。

多くの常連客と一緒に。

Photo_20200926122101

※写真はイメージです。

呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)

 

 

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

東海通信 ~ ドアラ神社訪問 ~

みなさんこんにちは、呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

プロ野球がやっと開幕し、

今年もドアラ神社に行って参りました。

Dscf4264

ドベゴンズが相変わらず最下位のためか、

野球以外の願い事が多く集まっているようです。

Dscf4266

ローラースケートね、車に気をつけて練習しようね。

Dscf4269

えらいね。野菜スープやスムージーから始めるのもいいよ。

Dscf4274

わかる。私も運転してみたい。

Dscf4275

野菜を全部食べるようにすればなれるぞ。

Dscf4278

よくわからんけど、なれるんじゃね?

Dscf4277

同感です。。。

そして最後に、

Dscf4272

そうだね!うがい手洗いをしっかりね!

 

 

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

東海通信 ~ 車内温度の上昇には気をつけましょう ~

みなさんこんにちは。

今日明日は長野県内を走る🚗~ 呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

 

名古屋に比べればまだマシですが、それでも暑い。

しかもまだ6月。

となると夏本番に注意したいのがクルマの温度ですね。

暑い車内での熱中症はもちろん、

発火物、アルコール製剤、スプレー缶、消せるボールペンで書いたメモ、

放っておくとスマホも使えなくなります。

https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/temperature/summer

 

さて、話は変わって

本日6月29日は日本だけの「ビートルズ記念日」。

1966年にビートルズが初来日した日です。3歳だったので覚えてませんが。

そして・・・

彼らが憧れて、音楽始めて、バンド作ってコピーして、ついに前座まで務めたのが

5月9日に亡くなったリトルリチャード。

そう、ロックンロールの元祖と呼ばれる「かぶきもの」です。

 

人種差別が激しかった1950年代後半。大スターにもかかわらず、

どこのホテルも黒人だからと宿泊を許可せず、ツアーも車内泊。

今や男性ミュージシャンが化粧するなど珍しくないですが、

それを世界で初めてやってのけたのも彼。

ピアノに足乗せて弾きまくったかと思いきや、ピアノ残して踊っちゃったのも彼。

8分音符の連打に高音域の3連符を重ねたのも彼。

オクターブ上でwhoo~!と叫ぶスタイルも彼、彼、彼。

なんとこの時代に先頭切って

ゲイであることまでカミングアウト!

おまけにブレイクの最中に突然引退、大学で神学を修め、

神父になってしまったのでありまーす。笑

 

ま、その後アンコールに応えて復帰するのですが。(その時の前座がビートルズ)

あまりにぶっ飛んだ人生なので、そのうち映画化されるでしょう。

合掌。

 

リトルリチャードの「ロングトールサリー」

https://www.youtube.com/watch?v=V1FNveyqgRQ

ビートルズがカバーした「ロングトールサリー」

https://www.youtube.com/watch?v=c31X4muVRms

最近一番楽しかったニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/7db59bcde98d3412f7fdc6ef9a017a7938e28ad9

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

東海通信 ~ ミシンを踏む ~

こんにちは。呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

 

マメなお母さんやおばあちゃんでも居なければ

家の片隅でホコリを被っていたんじゃないでしょうか。

それが今では

家族みんなを守るマスクを縫い上げる神器として

脚光を浴びています。

ところで、

ミシンって何でミシンと呼ばれているのか?ご存知ですか。

黒船のペリーが将軍に献上した際、

本来の名称「ソーイング・マシン」と紹介したそうです。当然ですね。

ところが肝心な「ソーイング」が飛ばされ、

「マシン」が訛って訛って訛って・・・「ミシン」。笑

私が子供の頃は足踏み式。

だから使う際は「ミシンを踏む」と言っておりました。

https://www.youtube.com/watch?v=SByeMOxBp-E

 

もう一つ。

インド北部のパンジャブ州では

ロックダウンのおかげで大気汚染が劇的に改善され、

200km離れたヒマラヤ山脈が見晴らせるようになった、と。

約30年振りの眺望だそうです。

https://www.cnn.co.jp/world/35152184.html

 

禍福はあざなえる縄の如し。

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

東海通信 ~ 自動石鹸オートフォーム ~

みなさんこんにちは、呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

今回は洗面台の快適化案件をご紹介します。

 

従来の洗面台は、洗面ボウル右側から水栓が伸び、

左側に水石鹸ホルダーが設置されているものが多かったですよね。

左手で下からグリグリ押し上げて薄~い石鹸液を受ける、みたいな。

ところが最近は

非接触なスタイルが好まれるようになり、

洗面台の左側に水石鹸ホルダーを取り付ける穴が開けられていない

新しいタイプの洗面台も増えてきました。

Photo_20200323144901

洗面台の上にポンプ式の石鹸液を置くのでは

盗まれてしまうことも考えられます。

そこで、アメニティのオートフォーム!

手をかざすと泡が出る自動石鹸ディスペンサーを設置したところ

お客様・ご利用者様には、たいそう喜んでいただきました。

Photo_20200323145101

単三電池4本で作動するため電源は必要ありません。

泡の量は3段階で調節可能です。

Photo_20200323145501

コロナ騒動で手洗いが励行される中、

そうでなくとも石鹸液が無いのは不衛生ですよね。

Photo_20200323150001

水栓も石鹸液も自動化された洗面台。

どちらも非接触なので非常に衛生的です。

お問い合わせは、お近くのアメニティトイレ診断士まで!

 

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

東海通信 ~ 減速継手 ~

みなさんこんにちは。呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

 

先日、東京スカイツリーに行って参りました。

ご存知のとおり、建物自体の高さは634mで(ム・サ・シ:武蔵の国を一望する)、

観光客が上がることが出来る最高到達点は451,2mです。

Img_8196

さて、このフロアには当然トイレもあるのですが

排水を流すと一体どうなるでしょう?ジャー!

いろいろなもの(笑)が凄いスピードで落下しますよね。

秒速10m以上だそうです。。。(時速換算は×3600ですよ!)

このスピードのまま滝・・・いや隕石のように落下していくと

排水管内の空気が押し出されて真空状態になる。

すると、本来は大便器に溜まって「ふた」の役割をしていた水(封水)まで

一緒にヒュッと引き込まれてしまい、

結果的に下水臭が漂ってしまうのです。(破封)

Img_8210

そこで登場するのが減速継手(げんそくつぎて)。

排水管に突起(折り曲げ部)を設けて、排水の落下速度を緩和してくれるんです。

単純な仕組みではありますが、

悪臭だけでなく流水音も防いでくれる優れもの。

Img_8211

Img_8212

「減速ガイドと旋回ガイドは

排水が減速・旋回しながら落下をするように促し、

管内圧力変動を抑制します」と説明されていますね。

(1階スカイツリーギャラリーQ&Aコーナーで撮影)

この仕組みはスカイツリーだけのものではなく、

超高層ビルにおいて広く使われている方法だそうです。

 

もしスカイツリーに行かれたら

景色だけでなく、様々な建築技術にも注目してみてくださいね。

 

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

東海通信 ~ 喜寿のお祝い ~

みなさんこんにちは。呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

 

イルミネーション華やぐ博多に、弾丸で行って参りました。

我が国トイレの歴史に綺羅星の如く燦然と輝く風雲児、

御手洗銀三(おてあらい・ぎんぞう)さんの喜寿祝いであります!

Img_7981

世界の山ちゃんことY社長、神戸大阪のI次長もご一緒。

もちろんシルバの若手?お二人と、「副社長」こと粗相君も。

Img_7985

とにかく元気。いつまでも現役。

経営の話、ネットワーク発展の話、育成の話、未来の話題が止まりません。

そして支える久美子コーディネーター。

いつも隣で笑顔の花を咲かせていらっしゃいます。

Img_7991_20191222200901 

どうですか、この空気感。まるで新婚さんです。

なんでだろう、もう、全員が涙。。。

 

 

では、どれだけ感謝しても足りないお二人に

精一杯のベストショットを贈ります。

Img_7990

社長会の博多開催。あの晩交わした約束を果たすまでは

銀三さん、ずっと元気でいてもらいますからね!

ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

東海通信 ~ 素敵なトイレご紹介シリーズ① ~

みなさんこんにちは、呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

私共でトイレ管理のお手伝いをさせていただいている、素敵なトイレ・個性的なトイレをご紹介します。

 

Photo_20191109193901

さて、こちらのトイレは

壁面に取り付けられたリモコンスイッチでしか、流すことが出来ないタイプ。

背中側ロータンク右横のレバーを捻ってしまっては

流せないどころか、壊れてしまうのです。

実際、それに気づかず強引にレバーを捻られて壊れる件がしばしば発生し、

管理者も利用者もほとほと困っておりました。

そこで、何か手書きのご案内を掲示しませんか?と発案したのが私。

でも、まさかここまで味のあるものをお造りいただけるとは!

それでは、

レバーを捻りかけたところから順に、左側壁面までいざなってもらいましょうか。

Photo_20191109193902

Photo_20191109193903

Photo_20191109193905

Photo_20191109193904

忘れたいこともきれいに流せるでしょうか?

Photo_20191109193906

おぉっ!流せたではありませんか!

これで新鮮なサッパリした気持ちで外に出られますね。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

東海通信 ~ 僕もよく店員と間違えられます ~

沖縄から名古屋へ。呂宋壺乃坂(るそんつぼ・のさか)です。

今回はネタを用意していなかったこともあり、

屋亜芙雨瑠(やあふうる)さんのお話を繋いでいく作戦です。

というのも

私もしばしば店員さんと間違えられるからです。

 

ただ、彼女の場合は「優しいオーラが出ているから」という

明白な理由があります。

声を掛けやすい、むしろ掛けたくなるタイプ。

観光客からもよく道を尋ねられるんじゃないかな。

それに比べて昔から私は

歩いているだけで怖い系・変な奴系に見えるらしく、

鼻かみたいときでさえ街角でティッシュひとつ渡してもらえない男。

じゃ、なぜそんな私が?

 

答えは簡単、

首に社員証(トイレ診断士証)を掛けて歩いてる、ただそれだけですよ。

そこを見られているんです。

まぁおそらく私の場合は、

「声を掛けやすい爽やかお兄さんがいなかった時だけ」お鉢が回ってくるんでしょうけど。

あるいは腹回りの威圧感だけはあるので、

店長とかの「商品に詳しい人」と、勘違いされるんでしょうな。

 

いずれにせよ、私は間違って尋ねられた時も否定はしません。

説明するのが逆に面倒くさいからです。

ハイハイとニコニコ返事して、

間違えたおばあちゃんを売り場まで案内してスッと消えます。

「ありがとね~」を背中で聴く感じ。笑

 

屋亜芙雨瑠さん、

こんなページがありました。

https://sirabee.com/2018/05/20/20161582311/

| | コメント (2)

より以前の記事一覧