鈴木雪隠

すずきせっちん

2021年1月14日 (木)

寝れば治る!

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
もう松が明ける日付ではございますが、改めて言わせて下さい…今年もよろしくお願いします!!

私は昔から、『寝れば治る』な性格をしていると思います。
体力的な事ではなく主にメンタル的な意味で、引きずらないようにしています。
嫌な事とか悩み事があっても、一晩経って朝になれば忘れてなんとかなっている! とでも言いましょうか。
世界が変わるような一年でしたが、年が明ければなんとかなる…と過ごした年末でした。
まだ当分は不安も苦労も辛い事も続くでしょうが、下を向いてばかりいてもしょうがないですし。
この環境を機に、変化を楽しむのも一つかな?と考えるようにしています。


変化その1→ジャンルが広がった!
おうち時間の増加に伴い、幾つかサブスクのサービスを試してみました。
某シャッフルおじさんのお世話にならなくなり、色々と聴いています。
一昨年までは ”あの頃の音楽が一番いいんだよ!” みたいな尖った事を考えていましたが、
そままでは一生聴く機会のなかったであろう、ヒップホップとかまで手を出しています。
ちょっとずつ幅を広げてくる、おススメ曲にチャレンジするのが面白いものです。


変化その2→自宅に業務用を付けてみた!
手洗いうがいの大切さを身に染みていますが、折角ですから、思い切って見ました。
Img1930
自宅にTOTOさんのペーパータオルホルダーを付けちゃいました。
壁に穴開けたっていいじゃない。ネット通販2,000円程度で、セレブの仲間入りした気分になれます。


変化その3→資格とっちゃいました!
ありがたいことに弊社は、なんやかんやで忙しくさせて頂いた昨年でしたが、
それでも早上がりだったり、出張イベントが減ったりと、多少の変化もありました。
少しずつテキスト読んだり過去問解いたりしまして、アロマテラピー検定1級取りました!
昨年は情勢を踏まえweb試験だったもので、おじさんが受けるには丁度良いタイミングでした。
私どもの社則的なものである『厠道(かわやどう)』では、 無臭は金 微香は銀 としています。
トイレも香り演出の時代がきっとやって来ます。少しでも役に立てるように勉強したいものです。


…と、色々と手前味噌な中身になってしまいましたが、
今までもたくさん苦労して何とかやってきた。
 だからこれからも、たくさん苦労して何とかやってく。 そんないい年であるように。ばう。




追伸)
変化その4→スマホゲームにも手を出しました…小遣いが飛んでいく~

| | コメント (0)

2020年11月30日 (月)

トイレ カタカナ用語

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
西向く侍、11月も今日まで。気が付けば明日からもう12月、すっかり冬モードの厚着が必要に
なりますね。寒暖の差が激しい日々ですが、皆さま体調管理に気をつけてくださいませ。

そんな季節の変わり目。先日、冬用タイヤを購入してきました。
色々なタイヤがあり、店頭でウロウロとしていたら店員さんが優しく説明してくださいました。
明らかに2種類だけ半値近くの大特価。大丈夫??という疑問も、性能や安全性のほか
どうしてその値付けなのかなどもかみ砕いてお話しいただき、この先数年の運転状況なども
ヒアリングして頂いての、納得のお買い物となりました。

さて。私どもトイレの世界でも、お客様へのかみ砕いた説明が必要となる場面も多くあります。
『専門用語ばかりで分かりにくい…』という事は極力避けようとしていますが、部品名などは
どうしても専門のカタカナ言葉になってしまう場面が多いものです。少し、ご紹介致します。

Photo_20201129135801
まずコレ。ご自宅用では少ないですが、公共トイレでよく見るレバーで水を流すアレです。
フラッシュバルブと言います。タンク式では、使用した後はタンクに水が溜まるまで流せませんが、
こちらのタイプだと常に圧が掛かっているので、連続洗浄が可能です。公共トイレ向きですね。

Photo_20201129140101
次にその中身です。フラッシュバルブの中で金色の部品が上下することで水が流れたり止まります。
ピストンバルブと言います。公共トイレでチョロチョロと水が流れっぱなしだったり、
極端に水量が少ないときには、この部品が劣化していることが多いです。

Photo_20201129140301
次に男性用の小便器。便器に向かって低い姿勢で覗いて頂くと見えます。
スプレッダーと言います。最近主流の洗浄方式で、中央から放射線状に洗浄水が流れます。
この辺りって汚れが残り易かったりしますので、低い目線での日々の清掃が大切です。

Photo_20201129140601
今度は小便器の足元。床と便器の隙間を埋めていることも良くあります。
コーキングと言います。お風呂の浴槽と壁の隙間とか、タイル貼りの壁でもよく見るアレです。
床にこぼれた尿が、便器と床の隙間に入り込んでしまうと、誰もお掃除できずに尿石化…アウチ!

Photo_20201129141001
似て非なる言葉で、便器や床面に膜を張って浸み込みを無くして悪臭防止&光沢ピカピカ。
コーティングと言います。車や外壁でよく聞きますが、最近ではスマホも流行りらしいですね。
タイル目地に浸み込んだ尿汚れは、目地の中で誰もお掃除できずに尿石化…アウチ!!

最後に。私が一番好きなカタカナ部品名。フラッシュバルブの下にあります。声に出して読みたい…
Cimg1049 Photo_20201129141601
バキュームブレーカーと言います。ダイヤフラムと呼ばれる薄いゴムの膜を使ったものや、シーソーの形を
したものなどの構造により、大便器の汚れた水が上水のキレイな水に逆流しないようにする部品です。
大便器のフラッシュバルブには、バキュームブレーカー設置が法令で義務付けられています。
文字で読むよりも、口にすると何故か気分が良いです。ぜひ、ご唱和ください(笑)
墾田永年私財法とか禁中並公家諸法度に通ずる気持ちよさがあります。覚えていませんが。

色々申し上げましたが、仕事に携わる時間と共に多くの専門用語を覚えていきます。
正確であることは大事ですが、それと同じくらい、かみ砕いて分かり易くお伝えする事も
忘れずに大事にしなければ。という事でした。ばう。

| | コメント (2)

2020年10月15日 (木)

無事これ名馬

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
10月も半ばとなり、ようやく涼しくなるかと思いきや、今週の昼間は真夏のような暑さもありました…
無事これ名馬。寒暖差で体調を崩さぬよう、皆さまも私も、がんばりまっしょい!

さて。毎年秋には幾つかの大きなトイレ診断の現場を頂いておるのですが、今年もありがたいことに
例年通り忙しくさせて頂いております。あるお客様では、日常清掃の仕上がり具合カテゴリーでは、
もう重箱の隅をつつくようなレベルしか残っていなかったりと、毎年ステキなトイレを拝見しております。
そんなお客様がなんと…大便器外側にある汚れに、ずっと気付かず残ってしまっていた現場がありました。
まさかの状況に、お客様も私もびっくり。決して手を抜いていた訳ではありません。

日々のトイレ清掃は、ある意味『空手の型』に近いものがあると考えます。
汚れの付着する場所・質、デザイン的に残りやすい所・そうでないところ。そのすべてに、程度はあれど
キチンと道具と洗剤と手を届ける。その型が崩れると、毎日毎日、少しずつの汚れが固着していきます。

これも一つの感染予防の影響なのでしょう。

日常清掃を含めた私どもトイレのメンテナンス業界に、突然、除菌や消毒の必要性が降り注ぎました。
もちろん、以前から清掃仕上げにアルコール除菌が実施されていた現場も多くあります。
必要性の認識も、多くの現場で抱いておりました。
ただ今回は、急に全てを良くする必要に迫られ、走りながらの実行にならざるを得なかったんだと思います。

トイレの日常清掃は、多くの方が携わります。特に人生の大先輩方の年齢の方が多くいらっしゃる業界です。
一瞬だけなら100%以上の仕事が出来るかもしれませんが、長くは続きません。
手順や道具、何かボタンの掛け方をちょっと変えて、100%の仕事で除菌までお届けできるよう、
マニュアルや手法改善のお手伝いに繋がればと、まだまだ続く診断の秋も頑張って行こうかと。ばう。

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

古いパッキン除去をお忘れなく。

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
暑い…。蒸し暑い日々が続きますが、もう今日で8月も終わります。
未知のウィルスを蔓延させてはいけないので、桜もGWもステイホームで地球を守りました!
その分、今年は季節感を上手に味わうことなく、気が付けば夏の終わり。
せめて一つまみでも夏を味わおうと、先日、夕方の江の島で足だけ海に入ってきました。
少し遅くて残り物のようでしたが、しっかり夏はありましたね。
色々と配慮はありますが、秋も充分楽しもうかと。

さて。トイレの残り物といえば…アレの流し忘れですが(;^ω^)
とある商業施設様で、決まって1台流し忘れが頻発するトイレがありました。
フラッシュバルブ式、金属のレバーを押して流す、あのタイプです。
レバーの奥で水を流すきっかけになるのは、構造的にはカタカナの『ト』みたいな感じです。
 レバーを押すと、『ト』の短い横棒が左にずれる
 そうすると、『ト』の縦棒が左に押される
 ジャーっと流れる。という順番です。

劣化や異物など、様々な理由で横棒がしっかり縦棒を押し込めなくなる事があります。
結果、ちょろっとしか洗浄水が出てこない→アレが残りの物に。という結果に繋がります。
当施設様で『ト』の横棒部品を交換して頂いたのですが、症状は改善せず。
分解して見させて頂きました。
Cimg9742

しっかり新品の部品に交換して頂いていたのですが、古いパッキン×2が残ったまま。
パッキンの色も変色して、すっかり金属部品と一体型して見えていたようです。
例えるならば、ヒールの高い靴を履いたまま立位体前屈。指先がギリギリ床に届いた感じ。
『ト』の横棒が奥まで縦棒を押しきれていなかったんですね。
復旧したトイレは、ジャー!!っと気分よく洗浄水が流れました。

まだまだ色々と続く日々ですが、楽しい秋を想像しつつ、気分よく水に流してしまいましょう。ばう。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

トイレからチャレンジ。

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。

今月は誕生月でして、先週45歳になりました。四捨五入してアラフィフの仲間入りです。
この情勢で暫く顔出しできていない実家に電話しましたが、
『あんたが45歳って、随分おっさんになったな~』と大笑いされてしまいました。
健康に長生きして頂きたいものです。

さて。ちょっと新しいことがありました。

『環境管理技術』誌という、食の安全や衣料品・化粧品等の品質管理をされていらっしゃる方の
専門誌に、トイレに関して寄稿させて頂きました。…正直、しんどかった。
原稿用紙25枚(もちろん、手書きではなくWordですが)位のボリューム。
日頃は万に一つの異物混入も許されない仕事をされている方に対し、4Kなトイレから何を…という
心境です。不慣れな書き物でしんどかった半面、やり遂げた達成感や今後のトイレへの向き合い方、
誰かに伝える文書のために、今日のトイレをどう見るか?という視点の勉強になりました。

また、別の物ごとで。
社内で異動の内示がありました。もうすぐ還暦を迎える、同部署の人生の先輩。
正直、年齢と共に体のあちこち痛みが…と言いつつ頑張る最近でしたが、再来月からは同じトイレでも、
今までとは少し違う角度から向き合う部署になり、話す相手も作る資料も、全てが新しい仕事に変化します。

またまた、別の物ごとで。
異動の辞令を出す出さない、社長との事前協議もすったもんだでした。
会社にとっても社長にとっても、そんなベテランに異動を出すなんて初のこと。
最終的には、『もう一花二花咲かしてもら    うため、こっちもチャレンジだ!』と社長もチャレンジ。
多分、今まで通りに変化せずとも良かったかもしれない。
でも、新しいことを決定して・やってみる事で、それまでは得られなかった収穫があるはず。
…まあ、みんな頑張りマックス! 
Img1757
きっとこんなトイレのような将来がやってくるって。ばう。

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

顎とトイレと生活様式

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
早いもので、6月に入りました。本当に色々とある日々ではございますが…人生も安全運転。
周囲の状況をよく見ながら、活動と自粛を上手にギアチェンジすることが求められているのでしょう。
笑顔多めで過ごしたいものです。

来月に誕生日を迎える私ですが、ついに四捨五入でアラフィフの仲間入りになります。
いや~さすがに身体の変化ってあるものですね。
10代に部活で腰を痛め、腰痛と上手に付き合える20代を過ごし、30代から肩こりと背中がアウチ!
それに慣れてきたかと思えば、今度はアゴです。痛くて口が開かず、今はコンビニおにぎりすら無理…

顎関節症に詳しい先生に診て頂きました。
もともと歯並びとか姿勢も悪かったのですが、痛みに気付かない回復力がある年齢だったんですね。
生活習慣で乱れたものは、生活習慣で直せる!やる気になれば10日で痛みは取れるから。
とてもHOTな先生に、熱く語って頂きました。
・食べ物は柔らかくて小さいものに(←大口開いて早食い大好き)
・上を向いて寝る。(←横向きが落ち着いてました)
・枕はやめて、首の下にバスタオル(←高い枕が大好きでした)
・就寝2時間前までに、ぬるま湯で半身浴を20分(←シャワーばかりの烏の行水)
そりゃ、アゴも痛くなる生活習慣でした。自身と上手に付き合って行かねば。


さて。トイレはどうでしょう?

多くの場面で新しい生活様式が求められています。
一斉の外出自粛からギアチェンジし、自身と周囲や社会を守りつつ、経済もしっかり回す。
その両立のためには、今までの習慣を変える場面も必要です。
今まで手を洗わずにトイレを出て行かれる方も多かったですが、しっかり洗うのは当然。
フタの上げ下げ、紙を折る折らない。
意見が分かれていた物事も、一つの正解に繋がるかもしれません。
議論のきっかけになればと、弊社では新しい生活様式(トイレ版)を策定致しました。

ただ大事なことは、『トイレは癒しの場』であることに変わりはない事です。
 オフィスでビニールカーテン越しに仕事をしている向かいの同僚は、敵ではなく。
  隣で用を足している方も、敵ではない。
当然のことなんですけどね、 ちょっとこの数か月の報道や経験が続くと、ね。

癒しの場を癒しの場であり続けるために。次の方のためにフタをするとか除菌するとか。
深呼吸一つしてからトイレを出る生活様式に育てていきたいですね。ばう。

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

トイレ清掃 会社の想い・社員の想い

毎度お世話様です。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)です。ばう。
本当に、色々とある今日この頃ですが…しっかり生活と仕事とトイレと、向かい合っております。
落ち着いたらやりたいこと、家族で付箋に書いて色んな所に貼りだしてます。
野球見たい、ライブ行きたい、札幌行きたい、ハンバーグ食べたい、サウナで整えたい…
絶対全部実現させてやる!そんな感じです。

さて、トイレの事にて、少し前の話なのですが。

とある日常清掃業者様の関連業務をさせて頂きました。
清掃現場の診断やヒアリングを通して、清掃業務の戦略をより良くするお手伝いと申しましょうか。
色々と気づくことがありました。

会社と社員って対立構造で書かれたりすることもありますが、ボタンの掛け違いも多いかな、と。
ノーストレスの仕事も生活も、そんなもの有りませんから、何かしらの意見や不満は抱えるでしょう。
でも、ちょっと視野が狭かっただけって事も多く感じました。

社員『掃除機が調子悪くなってきた。会社はなかなか買い替えてくれない…』
会社『スポンジや手袋…消耗品はどんどん供給して、働きやすくするよ!』

社員も会社も、現場のトイレを綺麗にしたい。その想いは互いに一緒。
だから掃除機も良くしたいし、よく磨ける道具を使って供給したい。
自分側の視線だけで、ちょっとした不満を溜めても勿体ないですよね。
歩み寄ったり、誰かに伝えたり、こんな時だからこそ特に必要ですね。

会社が社員を育てるには、何度も何度も教えて伝えて育てる事と同様に、
会社が社員を守りたい気持ちも、何度も何度も伝えて安心させなくては。
社員だって、仕事のプライド、会社に貢献したい気持ち、何度も何度も会社上司に伝えるですね。
たまには真面目な臭気犬でございました。笑顔多めで、抵抗力あげていきましょう。ばう。

| | コメント (0)

2020年2月29日 (土)

手を一生懸命に洗ってみた。

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
もう来週は3月です!早いですね~。
でも、急に寒い日が続いたりして、まだまだ気を緩められませんね。

まあ…連日いろいろとありますが、心にゆとりを持って、仕事がんばりましょう!!
私の女神こと、谷村有美も言いました。背筋を伸ばして深呼吸をしたら笑顔になれると。

さて。改めて、しっかりと手洗いしてみました。
パブリックなトイレでしたら、手の洗い方の掲示物は、よく見かけると思います。
せっかくなので、見ながらゆっくりとやってみます。
石けんで30秒→すすぎ30秒→二度洗いで繰り返す→拭く→消毒。
外出先だったので何か試験したわけではないですが、もう、何より心が大満足。
日頃、お客様先のトイレにお邪魔している際、手を洗わない方も多いですが、もったいない。
しっかり洗えば衛生的かつ、心も大満足になれます。皆さんも習慣づけましょう。

以前に何度か申し上げましたが、トイレ診断士の誕生時のキーワードには、
『水石けんが出てこない不具合は、当然、指摘される世の中にしたい。』という事もありました。
20数年前は、水石けんが出てこないことがあっても、そんなもんでしょ!などと軽く見られていた
時期もありました。
放置すると満足が得られず、たった千円程度の部品で復活できるものなのに。もったいない。
Photo_20200228193501 水石けん操作部。

それでは皆様、手を洗いましょう。ばう。 

| | コメント (1)

2020年1月15日 (水)

トイレの説明書って読んでます?

毎度お世話様でございます。臭気犬🐶ジョン君こと、鈴木雪隠(せっちん)でございます。ばう。
年明けから早くも半月が経過しました。自分にも皆さまにも、今年も充実した一年であることを
願っております。

さて。正月早々、我が家の食器洗浄機が壊れました💥爆発はしておりませんが…
メーカー修理スタッフにご対応頂いたのですが、要は適正な日常管理が出来ていなかったため、
排水が出来ずにエラー。恥ずかしながら排水の網には数年分の油汚れがぎっしり。
『ちゃんと説明書通りにお掃除してくださいね!』と、笑顔でご注意いただきました。

日頃、お客様へ良くお話している事でした。特にトイレは使う分には本能的に使えるため、
どうやって使う?どうやって掃除する??という説明書を読まずに過ごしてしまう事がほとんど。
トイレもハイテク化が進み、より快適に使う機能は、より多くの部品で構成されており、
手を掛けるべき部品が結構あるんですよね。メーカーや型番ごとに違いますし。

現場は公共施設の古いトイレ。
ご利用者も多く、日常清掃の方も一生懸命メンテナンスされていらっしゃいます。
でも、こんな3台が並んでいます。
Cimg2770_20200114200701
同じメーカーさんの小便器ですが、故障か何かなのでしょう。全て異なるデザインです。
まだ『床置式』なだけ、足元近くのメンテナンスは同じやり方でケアできますが、
洗浄水の出口も異なるため、汚れの付きやすい場所がかなり異なります。

複数の便器が並ぶ施設では、どうしても起こりうることだと存じます。
説明書の大切さをふと感じられた方は、是非、お読みになってみてください。ばう。

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

ちから加減

毎度お世話様でございます。鈴木雪隠(せっちん)でございます。

トイレの秋、診断の秋。
イベントの多い季節なもので、そんな感じで仕事に没頭していたら既に11月最終日。
すっかりヒートテックにお世話になる今日この頃となりました。

そんな診断現場から、『ちから加減』を感じることがありました。

ひとつはピカピカ仕上がる便座まわり。特に便器横の小型手洗いや換気扇。
公共交通機関のトイレを見させて頂いたのですが、利用頻度の多い中、丁寧な
仕上げの拭き掃除が続けられた結果でした。
樹脂や金属表面がツヤツヤになるには、乾いた優しいちから加減が大事。

もう一つは、今日、新人君と行ってきたリフレッシュ現場。
数年分の尿石汚れが蓄積。それはもう、たっぷり。
開店前までの2時間で終わらせなければ。という環境下で、そこはもう少し力を入れて、
ゴシゴシと除去しようぜ!と、安全第一の中で急かすダメ上司…気を付けます。

仕事もトイレも、加減を大事に。がんばっていきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧